1. トップ
  2. 学校・団体
  3. 明星高校1年生が高大連携教育で「CompTIA IT Fundamentals」に合格

2017年11月6日

明星高校1年生が高大連携教育で「CompTIA IT Fundamentals」に合格

明星中学校・高等学校は1日、同高校の生徒が、全世界共通のITスキル指標とされている「CompTIA認定資格」の一つである「CompTIA IT Fundamentals(コンプティア アイティーファンダメンタルズ。「ITF」)」にチャレンジし、見事高校1年生で合格したと発表した。

文部科学省により情報の科学的な理解に裏打ちされた情報活用能力を身につけることの重要性が打ち出されるなか、その能力を評価する「ITF」は日本をはじめ、175の国・地域における企業や教育機関で配信されている。「CompTIA認定資格」の取得者は200万人以上にのぼる。受験にあたっては、高大連携の取り組みの一環として、同一法人の明星大学情報学部が主催する講座を受講し、ITの基礎知識を培った。

明星高等学校の生徒が「ITF」にチャレンジするきっかけとなったのは、総合学習の時間を利用して高大連携プログラムの一環として開かれた授業。「実は知らない『情報』の世界」と題して、明星大学情報学部の長教授・丸山准教授およびCompTIA日本支局のコンサルタントが特別出張講義を行った。そこで興味を持った生徒2名が、同大学で8月29日から9月2日までの5日間にわたり実施された、集中講座・学内試験を受講することになった。

「ITF」は、コンピュータシステムやネットワークなど、ITスキルの基礎を養う標準的な問題で構成されており、明星大学情報学部では次のステップである「ITパスポート」や「CompTIA A+(エープラス)」、「基本情報技術者試験」などに向けた自主的な学修への足掛かりとして取得を奨励している。同学部でこの資格取得に向けた講座を開設してから、今年で7年目となり、高大連携プログラムとして、高校生の受講を受け入れたのは今年が初めて。今回最終的に試験を受験したのは1名のみだったが、高校生での受講率はまだ低く、明星高等学校の2名のチャレンジは同大学内でも高く評価されている。

関連URL

明星中学校・高等学校

CompTIA

Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 失敗しない学校へのICT導入 5つのポイントを公開 ICT導入・活用無料セミナー開催 すらら
  • 豊富な小・中デジタル教材ならチエル 教育クラウドサービス開始!
  • よく届く ラッカスの無線LAN 離れた小中学校21校をひとつに繋ぐ 伊那市の導入事例掲載中
  • 防災Wi-Fi FURUNO SYSTEMS
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録