1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. NTTデータとシャープ、ロボホン向け手話通訳アプリを共同開発

2017年11月13日

NTTデータとシャープ、ロボホン向け手話通訳アプリを共同開発

NTTデータとシャープ、NTTデータSBCは8日、国内で初めて(NTTデータ調べ)AI技術(ディープラーニング)を活用したロボホン向け手話通訳アプリケーションを共同開発したと発表した。

11130rhシャープが提供するモバイル型ロボット電話「ロボホン」に、聴覚障がい者が行う手話を通訳して健聴者に伝えるアプリケーションを開発し、現段階では手話学習初心者の手話学習や簡単な意思伝達を必要とする場で利用されることを想定している。

今後も3社で、さまざまな場面で手話通訳が円滑に行われるように実用化を目指し、 聴覚障がい者の生活を支援する活動を継続していくという。

関連URL

ロボホン公式サイト

教育改革を見据え ICT×紙で行う新しい授業実践 授業への参加意欲があがった Classi NOTE
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 10件以上の塾の新規開校事例はこちら すらら
  • 豊富な小・中デジタル教材ならチエル 教育クラウドサービス開始!
  • よく届く ラッカスの無線LAN 離れた小中学校21校をひとつに繋ぐ 伊那市の導入事例掲載中
  • 防災Wi-Fi FURUNO SYSTEMS
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録