1. トップ
  2. データ・資料
  3. 約2割が「ロボットやAIの振る舞いは、人間らしい方がよい」

2017年11月2日

約2割が「ロボットやAIの振る舞いは、人間らしい方がよい」

ジャストシステムは1日、マーケティングリサーチに関する情報サイト「Marketing Research Camp」で、ネットリサーチサービス「Fastask」を利用して実施した「人工知能&ロボット月次定点調査」の結果をまとめ発表した。

fa_report-ai-20171101.pdf-000058現在、AIやロボットは、音声や話し方、見た目が人間らしいものから、そうでないものまで幅広く存在しているが、今回の調査結果によると、AIやロボットの音声や話し方、見た目について、「人間らしい方がよい」と思っている人は21.2%と全体の約2割だった。

一方、「人間らしくない方がよい」と思っている人は15.1%、「提供するサービスによって、人間らしさとロボットらしさを使い分けるべきだ」と思っている人は50.7%だった。

また、15%の人が「家庭用ソーシャルロボットに興味あり」と回答する一方で、6割以上の人が「AIによる個人情報収集に、不安を感じる」と回答。画家や陶芸家などの芸術家は、3人に2人がAIに「置きかわってほしくない」と答えた。

この調査は、15~69歳の男女1100人を対象に、9月29日~10月1日、セルフ型ネットリサーチ Fastaskでアンケート調査したもの。

関連URL

人工知能(AI)&ロボット 月次定点調査(2017年9月度)

教育改革を見据え ICT×紙で行う新しい授業実践 授業への参加意欲があがった Classi NOTE
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 10件以上の塾の新規開校事例はこちら すらら
  • 無線LAN整備は整っていますか? チエル学校防災Wi-Fiパック
  • よく届く ラッカスの無線LAN 離れた小中学校21校をひとつに繋ぐ 伊那市の導入事例掲載中
  • 防災Wi-Fi FURUNO SYSTEMS
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録