1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. セキド、クラウド型ドローン3Dマッピングソフト「propeller」発売

2017年11月2日

セキド、クラウド型ドローン3Dマッピングソフト「propeller」発売

セキドは1日、ドローンクラウド型測量ソリューション「propeller」の取り扱いを、同日から開始したと発表した。「propeller」は、世界100カ国以上の業界トップ企業調査が現場に導入しているハードウェアおよびソフトウェア製品。

d16343-104-297214-0「propeller」のクラウドプラットフォームは、DJI GSPRO(DJIドローン自動航行アプリ)などで撮影されたデータを活用し、誰でも地形などの3Dデータ、測量データが作成できる次世代ドローン測量システム。

作成したデータは、ブラウザ上の簡単な操作で土量算出、各種計算、調査・検査などを行い、データはいつでも誰にでも共有可能。さらにAeropointsを利用することで、土地測量の技術がないユーザーでも対空標識を用いた精度向上を実現できる。

「propeller」は、点群化処理から3Dデータ作成、土量や傾斜角などの計算全てを専用クラウドサーバーを介すため、ノートPCなどのブラウザから操作が可能。専用PCやインストール型のソフトウェアは一切必要ない。

AeroPointsは、対空標識にGPSなどを利用した位置測位機能を搭載。測位されたデータはサーバー上でシステムを介し精度を高める。地上に設置後、1ボタンで即位しデータアップロードが可能。Propellerシステムに特化しているため、評定点を自動で検知する。

また、ドローンと「Propeller」プラットフォームおよびAeroPointsスマートグラウンドコントロール技術を組み合わせた詳細で正確な測量データを作成し、センチメートルレベルの正確なデータを確保することで、現場での生産性を向上する。

「Propeller」は、不動産業、建設業、プラント、コンサルティング業、運輸・物流業、鉱業、土木、農林業、総合化学、石油・石炭、鉄鋼、電気・ガス、メディア関係、WEB関係、ゲーム関係、情報・通信業、損害保険業、教育、研究施設にお勧めだという。

関連URL

propeller

Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 失敗しない学校へのICT導入 5つのポイントを公開 ICT導入・活用無料セミナー開催 すらら
  • 無線LAN整備は整っていますか? チエル学校防災Wi-Fiパック
  • よく届く ラッカスの無線LAN 離れた小中学校21校をひとつに繋ぐ 伊那市の導入事例掲載中
  • 防災Wi-Fi FURUNO SYSTEMS
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録