1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 「スキャンピラミッド」プロジェクト、クフ王の大ピラミッドで新発見

2017年11月24日

「スキャンピラミッド」プロジェクト、クフ王の大ピラミッドで新発見

ダッソー・システムズが基金を通じて支援している「スキャンピラミッド」プロジェクトは、科学雑誌「ネイチャー」誌で、クフ王の大ピラミッドに大きな空洞があることを明らかにしたと発表した。

Emissive ©

Emissive ©

全長30メートルの巨大空間は、既に知られている「大回廊」の大きさに匹敵。クフ王の大ピラミッドの内部では、中世以降、主要な建築構造が一切発見されておらず、今回の発見は画期的。同プロジェクトでは、2016年10月に梁の陰にある回廊の入り口を発見している。

このプロジェクトの企画とコーディネートは、文化遺産の研究・保護・次世代への継承を目的とするHIP (Heritage Innovation Preservation )インスティテュート と、カイロ大学工学部が進めており、同プロジェクトはダッソー・システムズによる先行研究を引き継いでいるという。

2015年10月5日以降、HIPインスティテュートとカイロ大学工学部は、エジプト考古学省の権限もと、「スキャンピラミッド」プロジェクトの計画とコーディネートを行ってきた。

その目的は、エジプトの巨大ピラミッド群であるクフ王のピラミッド、カフラー王のピラミッド、屈折ピラミッド、赤いピラミッドを「透視」すること。「スキャンピラミッド」では、この古代遺跡の、これまで知られていなかった内部構造の存在を明らかにし、それらのレイアウトや建設についてより深く理解することを目指している。

使用される技術は、赤外線サーモグラフィー、ミューオンX線写真、シミュレーション、および3Dによる復元。

また「スキャンピラミッド」プロジェクトは、フランス原子力・代替エネルギー庁 (CEA) 、名古屋大学、高エネルギー加速器研究機構 (つくば) 、ラヴァル大学 (カナダ・ケベック州) 、フランス国立情報学自動制御研究所 (INRIA) 、フランス国立科学研究センター (CNRS)など複数の国際的な科学機関を動員している。

関連URL

スキャンピラミッドについて (HIP Institute)

Classi 悩める先生のための実践アクティブ・ラーニング ワークショップ 参加無料 12.23 先着100名 お申込み締切12/15 お申し込みはこちら
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 失敗しない学校へのICT導入 5つのポイントを公開 ICT導入・活用無料セミナー開催 すらら
  • 無線LAN整備は整っていますか? チエル学校防災Wi-Fiパック
  • よく届く ラッカスの無線LAN 離れた小中学校21校をひとつに繋ぐ 伊那市の導入事例掲載中
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録