1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. ドゥクエスト、教師の負担月間200分削減可能な問題集

2017年11月7日

ドゥクエスト、教師の負担月間200分削減可能な問題集

ドゥクエストでは10月から会員サービスとして、高校・学習塾などを対象に、スマートフォンで全問題の解説授業 (計15時間程度) をする高校英文法問題集 (750問) 「オンライン問題集ViCOLLA (ビコラ) (第0章) 」を発売している。

IMG_0156学校や塾などの授業時間は50分や80分と短いため、宿題の解説まで授業時間内では扱えないが、同製品で宿題を課せば、生徒は自分でわからないところを理解できるため、質問に来た生徒の対応や、宿題がわからない生徒への補習などで、教師1人あたり月間200分程度の削減につながると同社では試算している。

価格は会員月額2000円 (税別) で解説見放題。別途、法人プランもある。同社では、2018年春までに高校数学問題集の発売も予定している。

関連URL

ViCOLLA

Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 失敗しない学校へのICT導入 5つのポイントを公開 ICT導入・活用無料セミナー開催 すらら
  • 豊富な小・中デジタル教材ならチエル 教育クラウドサービス開始!
  • よく届く ラッカスの無線LAN 離れた小中学校21校をひとつに繋ぐ 伊那市の導入事例掲載中
  • 防災Wi-Fi FURUNO SYSTEMS
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録