1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. コミュニケーションロボットKibiroに「見守り機能」を追加

2017年12月1日

コミュニケーションロボットKibiroに「見守り機能」を追加

FRONTEOおよびFRONTEOコミュニケーションズは、コミュニケーションロボット「Kibiro (キビロ)」に離れて暮らす家族とのコミュニケーションを促進する「見守り機能」を追加した「見守りKibiro」を12月20日から発売する。

1201-kb同製品では、離れて暮らす高齢者や1人で留守番をする子どもがKibiroと過ごす様子をアプリを通じて確認できるほか、音声とテキストによるコミュニケーションを行うことができる。加えて、Kibiroが能動的に発話を行い、予定のリマインドや日常に役立つ情報を知らせて日々の生活をサポートする。

具体的には、天気や占い、ニュースなどの情報を知らせ、Kibiroとの日常会話を楽しむことができるほか、専用アプリを使うと、外出先などからKibiroを通じて伝言を残したり話しかけたりすることもできる。また、登録したスケジュールやアラームをもとに、服薬や通院の時間、家族のイベントなどを忘れないように知らせて、日常の行動を支援する。

Kibiro本体の価格は9万9800円、月額利用料1000円 (いずれも税別) となっている。「見守りKibiro」はKibiro公式サイトのオンラインストアや各販売店で順次予約を始め、出荷開始は12月20日を予定している。

関連URL

Kibiro

Classi 悩める先生のための実践アクティブ・ラーニング ワークショップ 参加無料 12.23 先着100名 お申込み締切12/15 お申し込みはこちら
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 失敗しない学校へのICT導入 5つのポイントを公開 ICT導入・活用無料セミナー開催 すらら
  • 豊富な小・中デジタル教材ならチエル 教育クラウドサービス開始!
  • よく届く ラッカスの無線LAN 離れた小中学校21校をひとつに繋ぐ 伊那市の導入事例掲載中
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録