1. トップ
  2. イベント・セミナー
  3. 特別フォーラム「ICT活用でどう変わる?子ども達と先生」を17日開催

2017年12月1日

特別フォーラム「ICT活用でどう変わる?子ども達と先生」を17日開催

こども教育支援財団は、学校教員を対象とした特別フォーラム「ICT活用でどう変わる?子ども達と先生」を、12月17日にクラーク記念国際高校さいたまキャンパスで開催する。

今回のフォーラムは、ICT教育実践例の発表や講演に加え、現場の先生たちがすぐにでも取り組むことができるようアプリの体験や勉強会も予定しており、「ICT教育の敷居を低くし前向きに取り組んでもらう」ことを目標にしている。

具体的な実践例としては、佐賀県武雄市の花まる学習会との官民一体型学校でのICT教育実践報告や、埼玉県の学校情報化ランキング1位の戸田市教育委員会・教育長の戸ヶ﨑勤氏によるICT教育推進への決意、など。

また、以前から、思考力育成教材のデジタル化に力を入れている「花まる学習会」高濱正伸代表が、「ICT」という言葉が1人歩きしないよう、「未来を生き抜く子ども達に本当に必要な力」をどのように身につけさせることができるのか、を語る。

パネルディスカッションでは、「すべての子どもに学びの機会を提供する」点でICT活用はどのような役割を担うのか、をパネラーと参加者とが考える。

開催概要

開催日時:12月17日(日)10:00~16:30
開催会場:クラーク記念国際高等学校さいたまキャンパス[JR大宮駅東口から徒歩12分]
参加対象:小・中・高校の教員または教育関係者
参加費:1500円(資料代)

フォーラム申込み

Classi 悩める先生のための実践アクティブ・ラーニング ワークショップ 参加無料 12.23 先着100名 お申込み締切12/15 お申し込みはこちら
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 10件以上の塾の新規開校事例はこちら すらら
  • 豊富な小・中デジタル教材ならチエル 教育クラウドサービス開始!
  • よく届く ラッカスの無線LAN 離れた小中学校21校をひとつに繋ぐ 伊那市の導入事例掲載中
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録