1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. ヒューマンアカデミー、子ども目線で安全対策学ぶ「VR教材」開発

2017年12月4日

ヒューマンアカデミー、子ども目線で安全対策学ぶ「VR教材」開発

ヒューマンアカデミーは1日、子どもの目線を体感し安全対策を学ぶ「子どもの安全対策VR教材」を開発したと発表した。

ヒューマンアカデミー保育関連講座の保育士講座・ベビーシッター講座・チャイルドマインダー講座を申し込んだ人に、同教材を提供する。

このVR教材は、0~4歳児の子どもの目線を体感し、年齢ごとに異なる安全面での気を付けるべきポイントが実践的に学べる。

実体験に近い体験ができるナレーション付VR映像を活用した教材を提供することで、実際の現場でも危険を予知し、安全対策が講じられる人材の育成を目指すという。

1204-ha
同VR教材のカリキュラムは、①転落:落ちる危険(ハイハイの時期編)➁挟む:挟む危険(ハイハイの時期編)③興味:物が落ちる危険(つかまり立ちの時期編)④落下:物がひっくり返る危険(つかまり立ちの時期編)➄夢中:室内でぶつかる危険(つかまり立ちの時期編)➅集中:屋外でぶつかる危険(屋外編)➆おとなの死角(屋外編)、の7項目。

監修は、ファーストウォーク代表の参納初夏(さんのう はつか)氏。奈良教育大学で、障がい児教育を専攻。卒業後は、保育園、院内託児所、病児保育などさまざまな保育スタイルを経験したのち、フリーのベビーシッターとして活動をスタート。ヒューマンアカデミーの「ベビーシッター講座」も監修。

関連URL

子どもの安全対策VR教材

Classi 悩める先生のための実践アクティブ・ラーニング ワークショップ 参加無料 12.23 先着100名 お申込み締切12/15 お申し込みはこちら
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 失敗しない学校へのICT導入 5つのポイントを公開 ICT導入・活用無料セミナー開催 すらら
  • 豊富な小・中デジタル教材ならチエル 教育クラウドサービス開始!
  • よく届く ラッカスの無線LAN 離れた小中学校21校をひとつに繋ぐ 伊那市の導入事例掲載中
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録