1. トップ
  2. 動画ニュース
  3. iTeachers TV Vol.118 田園調布雙葉中高の小林 潤一郎先生(前編)

2017年11月23日

iTeachers TV Vol.118 田園調布雙葉中高の小林 潤一郎先生(前編)

iTeachersとiTeachers Academyは22日、iTeachers TV Vol.118 田園調布雙葉中学高等学校の小林潤一郎先生による「ICTを活用したワークショップ型授業のつくりかた(前編)」を公開した。

1122-it田園調布雙葉中学高等学校の情報科の目指すところを説明する。情報科というと、ソフトウェアの操作の習得や、インターネットやプログラミングなど技術的なことを扱うことがメインと思われがち。同校では、それだけにとどまらずITスキルを習得した上での表現学習を中心としたカリキュラムを設けている。外部の社会人や企業との連携を重要視しており、教室の中で留まらない表現スキル、思考スキルの獲得を目指している。前編では生徒が自ら考え、表現していくワークショップ形式の授業をつくるステップを紹介。また、デジタルペン「OpenNOTE」について、デモ画面を含めて実際に授業での活用方法を紹介する。

参考:OpenNOTE

小林先生は、早稲田大学教育学部理学部数学専修 修了。システムコンサルタントを経て2001年から現職。情報という教科を指導するにあたり、パソコンの使い方を学ぶだけでなく、ITを使いこなすために必要な課題発見力・計画立案力・論理的思考力等を強化していくための基礎となる表現力、考え方の育成を図った授業を展開している。

後半の「教育ICTなんでも3ミニッツ」は、玉川大学の小酒井 正和准教授による、「授業で使える!ツール活用講座」。今回紹介するのは、ピクトグラム活用ウェブサイト「ヒューマンピクトグラム2.0」。

小酒井先生は、玉川大学工学部マネジメントサイエンス学科准教授。博士(経営学)。専門は管理会計、IT マネジメント。1998年から青山学院大学でeラーニング授業開発プロジェクトに参加し、ビジネス演習コースの教材やITシステムの開発を担当。現在では、iPhoneやiPadを使った学生とのインタラクティブな授業を実践している。

iT-Lv2

□ ICTを活用したワークショップ型授業のつくりかた(前編)

Classi 悩める先生のための実践アクティブ・ラーニング ワークショップ 参加無料 12.23 先着100名 お申込み締切12/15 お申し込みはこちら
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 10件以上の学習塾 ICT活用事例はこちら すらら
  • 英語の4技能を徹底支援 語学学修ソリューション CALL+MALL
  • よく届く ラッカスの無線LAN 離れた小中学校21校をひとつに繋ぐ 伊那市の導入事例掲載中
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録