1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 子どものおえかきが栄養を考えたレシピになる食育アプリ配信開始

2018年5月21日

子どものおえかきが栄養を考えたレシピになる食育アプリ配信開始

大塚製薬は18日、学習型レシピアプリケーション「おいしいおえかきSketchCook – A nutritious experiment with Google」(スケッチクック) をiOS、Android端末向けに配信開始した。

00「スケッチクック」ではAI技術を活用し、子どもが描いた大好きな料理の絵をカメラで読み取ってメニューを判別する。そのメニューがいきいきとした画像に変身し、「子どもが描いたお料理のレシピ」と「栄養バランスを補完する食べ合わせのレシピ」を提案することで、栄養バランスの大切さを学ぶことができる食育アプリとなっている。

近年は、家族で食卓を囲んだり親子で調理する機会の減少による孤食、欠食、偏食などから、子どもたちが正しい食生活や栄養バランスの知識を身につけづらい環境にある。同社が実施した調査でも、親子時間が短い家庭ほど食事や栄養に関する食育話題が少なくなっている一方、本当はもっと子どもと栄養について話したり、一緒に料理をしたいと考えている親が多いということが分かった。

また、多くの親が栄養バランスを考えて食事を提供しているつもりだが、知識が不足し栄養バランスが保たれているかどうかは不安であると答えていたという。

そこで同社では、子どもたちにとって身近な「おえかき」を通して、遊び感覚で楽しく、正しい食生活や栄養について学んでもらいたいとの考えから、「スケッチクック」の開発にいたったという。合わせて、子どもへの食育を親子のコミュニケーションのきっかけとしてもらえるよう、親子で一緒に楽しく栄養を学べる機能を目指した。同企画は、Googleが提供する機械学習の技術を採用し、楽天レシピの協力を得て実現した。

□使い方動画

関連URL

スケッチクック

世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイスを管理 Appleデバイスの管理をもっと簡単に! jamf
KDDIまとめてオフィス 教育現場のタブレット 導入実績多数!まとめてサポート
Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
21世紀を生き抜く力を育む 幼児からシニアまで楽しくICT+プログラミングを学べる ICTクラブ大泉学園 無料体験会開催中
EDIX2019出展者特集 掲載記事募集中

アーカイブ

  • みらいスクールステーション FUJISOFT 大型提示装置の活用がぐんと広がる! 教育ICT専用端末メディアボックス
  • すらら×学びのカスタマイズ
  • 4月3日(水)最新号発行!無料でお届け。 チエルマガジンお申し込み CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス