1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. すららネット、政府プログラムの特待生「J-Startup企業」に選定

2018年6月13日

すららネット、政府プログラムの特待生「J-Startup企業」に選定

すららネットは12日、政府による新規産業創出、ベンチャー創業・成長促進プログラム「J-Startup」の特待生「J-Startup企業」に選定されたと発表した。

インドネシアにおける「すらら」学習の様子

インドネシアにおける「すらら」学習の様子

J-Startupプログラムは、2017年12月に閣議決定された「新しい経済政策パッケージ」に掲げられた、政府によるスタートアップ支援策。日本が持続的な経済成長を成し遂げるための重要施策として位置づけられている。

同プログラムでは、特待生「J-Startup企業」を選定し、経済産業省をはじめとする関係省庁や大企業、サポーターが約3年間の集中支援を行い、世界で戦い、勝てる企業を育成することを目指している。

今回選定されたのは、日本のスタートアップ企業約1万社の中からトップベンチャーキャピタリスト、アクセラレーター、大企業のイノベーション担当などによる推薦を受け、外部審査委員会の審査でミッション、独自性、独創性が評価された92社。すららネットは、その中の1社。

J-Startup企業は今後、民間支援機関や政府機関との連携などで強化されるベンチャーエコシステムを活用しながら、事業の拡大や日本代表としてのグローバル展開を推進していく。

すららネットは、一人ひとりのペースや学力レベルに合わせて学習を進められるオーダーメイド型の対話式ICT教材「すらら」を670の塾、150の学校に提供。

発達障がいや学習障がい、不登校、経済的困窮世帯を含む5万人以上の生徒に学習機会を提供し、代表的なEdTechスタートアップ企業として昨年12月に東証マザーズに上場している。

関連URL

すららネット

iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
KDDIまとめてオフィス 教育現場のタブレット 導入実績多数!まとめてサポート
教育改革を見据え ICT×紙で行う新しい授業実践 授業への参加意欲があがった Classi NOTE
21世紀を生き抜く力を育む 幼児からシニアまで楽しくICT+プログラミングを学べる ICTクラブ大泉学園 無料体験会開催中
EDIX2019出展者特集 掲載記事募集中

アーカイブ

  • みらいスクールステーション FUJISOFT 大型提示装置の活用がぐんと広がる! 教育ICT専用端末メディアボックス
  • すらら×アクティブラーニング実践事例
  • 4月3日(水)最新号発行!無料でお届け。 チエルマガジンお申し込み CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス