1. トップ
  2. イベント・セミナー
  3. ロボットプログラミングの腕を競う「WRO Japan2018 長野大会」8月開催

2018年7月20日

ロボットプログラミングの腕を競う「WRO Japan2018 長野大会」8月開催

WRO(World Robot Olympiad)⻑野⼤会実⾏員会は、ロボットプログラミングの腕を競う国際ロボットコンテスト「WRO Japan 2018⻑野⼤会」を、8月25~26日に諏訪東京理科⼤学で開催する。

00今年で3回⽬となる同⼤会は、⼩学⽣を対象とした初学者向け「ベーシック競技」(長野大会独自開催)、WRO公認予選会となる「ミドル競技」(⼩学⽣の部、中学⽣の部)を実施。

諏訪地⽅を中⼼とした県内の⼩中学⽣約100⼈の参加を⾒込んでおり、ミドル部⾨の優勝チームは9⽉に⾦沢市で開催される「WRO Japan決勝⼤会」に出場する。

WROは、2004年から始まった、⾃律型ロボットによる国際コンテスト。指定のロボットキット(レゴマインドストーム)を使い、部⾨ごとに決められたミッションに挑戦する。

レギュラーカテゴリーは⼩、中、⾼校⽣の各部⾨に分かれ、全国34カ所で予選会を開催。昨年は過去最⾼の1821チームが参加した。

予選会で選抜されたチームによる「WRO JAPAN 決勝⼤会」は、9⽉9⽇に⾦沢市医王⼭スポーツセンターで開催され、優秀な成績を収めたチームは⽇本代表として、11⽉にタイで開催される「WRO国際⼤会」に出場する。

⻑野⼤会概要

開催⽇時:
8⽉25⽇(⼟)ベーシック競技10:00〜16:00
8⽉26⽇(⽇)ミドル競技(公認予選会)10:00〜16:00
開催会場:公⽴諏訪東京理科⼤学 [長野県茅野市豊平5000-1]
参加費⽤:選⼿1人2000円(コーチは不要)
必須持参機材:教育⽤レゴマインドストーム(EV3かNXT)を1チームに2台まで、プログラミング⽤のノートPC2台まで。
申込締切:7⽉27⽇(⾦) *定員になり次第締切

詳細・申込

iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
KDDIまとめてオフィス 教育現場のタブレット 選定 調達 導入 運用 まとめてサポート
Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
21世紀を生き抜く力を育む 幼児からシニアまで楽しくICT+プログラミングを学べる ICTクラブ大泉学園 無料体験会開催中
Web展示会 プログラミング教室・ツール展 開催中

アーカイブ

  • みらいスクールステーション FUJISOFT 大型提示装置の活用がぐんと広がる! 教育ICT専用端末メディアボックス
  • すらら×アクティブラーニング実践事例
  • 4月3日(水)最新号発行!無料でお届け。 チエルマガジンお申し込み CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス