1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. Uplift Labs、AIを使った運動パフォーマンス分析技術で資金調達

2018年7月26日

Uplift Labs、AIを使った運動パフォーマンス分析技術で資金調達

Uplift Labsは25日、DEEPCOREと未来創生ファンド、そして複数のエンジェル投資家から、シードステージでの資金調達を行ったことを明らかにした。

d31481-11-757771-1Uplift Labsは米カリフォルニア州に本拠を置くAI運動分析プラットフォーム企業。AIによるリアルタイム解析で人間の動きを瞬時に分析して、改善を提案する。同社のソフトは独自の機械学習モデルで、人体の動きを理解することに特化したアルゴリズムとなっている。

運動者は、このプラットフォームを活用することで、運動フォームの改善やけが防止のためのアドバイスをリアルタイムで受け、練習の効果を最大限にすることができる。応用分野はスポーツにとどまらず、フィットネスビジネス、身体療法、高齢者の健康維持、工場での生産性向上や仮想現実の世界に広がっている。

現在の運動計測はウェアラブル・デバイスによって行われることがほとんどだが、取り付けが面倒で計測領域が限定される欠点がある。同社は、ウェアラブルでない運動計測の世界を切り拓き、利用者が面倒くさがらずに運動効果を最大限に上げられる仕組みを構築することを目指している。

今回の調達資金で、同社は、人間の動きを人工知能でリアルタイム分析することで運動パフォーマンスの改善に結びつける仕組みの開発を加速し、今年末までに複数のパートナー企業と製品やサービスの提供を始める計画としている。

関連URL

DEEPCORE

未来創生ファンド

世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイスを管理 Appleデバイスの管理をもっと簡単に! jamf
KDDIまとめてオフィス 教育現場のタブレット 導入実績多数!まとめてサポート
教育改革を見据え ICT×紙で行う新しい授業実践 授業への参加意欲があがった Classi NOTE
21世紀を生き抜く力を育む 幼児からシニアまで楽しくICT+プログラミングを学べる ICTクラブ大泉学園 無料体験会開催中
EDIX2019出展者特集 掲載記事募集中

アーカイブ

  • みらいスクールステーション FUJISOFT 大型提示装置の活用がぐんと広がる! 教育ICT専用端末メディアボックス
  • すらら×アクティブラーニング実践事例
  • 4月3日(水)最新号発行!無料でお届け。 チエルマガジンお申し込み CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス