1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. ドコモ、映画「未来のミライ」とコラボしたワークショップ開催

2018年8月7日

ドコモ、映画「未来のミライ」とコラボしたワークショップ開催

NTTドコモは4日、デジタルハリウッド大学と共催して、中学生までの子どもと保護者を対象にしたデジタルアートワークショップ「映画『未来のミライ』プロデューサーに聞く!デジタルがひらくこどもアートの世界」を、デジタルハリウッド大学内「駿河台ホール」で開催した。

0807-dcm「ドコモ未来ミュージアム」は、2002年から毎年開催している創作絵画コンクール。今年は、2009年からスタートしたパソコンやタブレットなどで描く作品を対象にした「デジタル部門」の10周年を記念して、映画「未来のミライ」とコラボレーション。

第1部のパネルディスカッションでは、映画「未来のミライ」プロデューサー齋藤優一郎氏と、「サマーウォーズ」から「未来のミライ」までのCGディレクターを務め、デジタルハリウッド専門スクールOBでもあるデジタル・フロンティアの堀部亮氏、デジタルハリウッド大学・南雲治嘉名誉教授が登壇。

「映画『未来のミライ』について」「アナログとデジタル 違っているから面白い~補完しあう技法としての魅力と可能性~」「夏休みだからこそ絵を描こう!~子どもの表現を広げるデジタルアート~」の3つのテーマを掲げ、アニメーションにおけるアナログとデジタルの共存についてや、絵を描くということの重要性などを解説した。

第2部のワークショップでは、未就学児~小学校4年生までのジュニアクラスでは「僕たち私たちの未来のくらし」をテーマにタブレットを使った描画体験を実施。

小学5年生~中学生までのエルダークラスでは、自分の描いた絵を3Dホログラムとして投影できるホログラムピラミッドを作成した。

今回の参加者は、一般公募で集まった未就学児童〜中学生及び保護者など131人。

関連URL

NTTドコモ

iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
KDDIまとめてオフィス 教育現場のタブレット 選定 調達 導入 運用 まとめてサポート
教育改革を見据え ICT×紙で行う新しい授業実践 授業への参加意欲があがった Classi NOTE
子ども向けプログラミング学習サービス ライセンス販売 出張講座・共催 ユーバー株式会社
EDIX2019出展者特集 掲載記事募集中

アーカイブ

  • みらいスクールステーション FUJISOFT 大型提示装置の活用がぐんと広がる! 教育ICT専用端末メディアボックス
  • すらら×アクティブラーニング実践事例
  • 4月3日(水)最新号発行!無料でお届け。 チエルマガジンお申し込み CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス