1. トップ
  2. 学校・団体
  3. AI型タブレット教材「Qubena」、さとえ学園小で導入

2018年8月10日

AI型タブレット教材「Qubena」、さとえ学園小で導入

COMPASSは9日、同社が提供するAI型タブレット教材「Qubena」が、埼玉県さいたま市の佐藤栄学園 さとえ学園小学校で、指導の一環として採用されたことを明らかにした。

d24557-17-103040-0「Qubena」は、生徒一人ひとりの学習中の操作ログや計算過程、回答データをAI技術によって分析することで、つまずく原因となっているポイントを特定し、その生徒が解くべき問題へと自動的に誘導し、効果的で効率的な学習を実現する。

同校では1年生~3年生の全生徒300名を対象に、主に正課授業外の自主学習の時間に「Qubena」を予習・復習に利用することで、基礎学力の定着と学習の効率化を図ることを目指している。

希望した生徒に対して事前にモニター学習を実施、生徒が苦手だった単元を克服するなどの学習効果が得られたことから、今回の採用を決定したという。

関連URL

COMPASS

新高3生対象 合格への戦略 Benesse 進研模試の成績と連動! 1.11から申込みスタート
総務省プログラミング普及事業 発表会動画 全28本掲載
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 10件以上の塾の新規開校事例はこちら すらら
  • 「教育情報セキュリティポリシーガイドライン」対応!教育情報セキュリティならチエル
  • よく届く ラッカスの無線LAN 離れた小中学校21校をひとつに繋ぐ 伊那市の導入事例掲載中
  • eラーニングの録画・配信 Matrox Monarch LCS
  • 進研模試に連動したアダプティブラーニング 合格への戦略 高1〜高3 お申込み受付中!
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録