1. トップ
  2. 学校・団体
  3. AI型タブレット教材「Qubena」、さとえ学園小で導入

2018年8月10日

AI型タブレット教材「Qubena」、さとえ学園小で導入

COMPASSは9日、同社が提供するAI型タブレット教材「Qubena」が、埼玉県さいたま市の佐藤栄学園 さとえ学園小学校で、指導の一環として採用されたことを明らかにした。

d24557-17-103040-0「Qubena」は、生徒一人ひとりの学習中の操作ログや計算過程、回答データをAI技術によって分析することで、つまずく原因となっているポイントを特定し、その生徒が解くべき問題へと自動的に誘導し、効果的で効率的な学習を実現する。

同校では1年生~3年生の全生徒300名を対象に、主に正課授業外の自主学習の時間に「Qubena」を予習・復習に利用することで、基礎学力の定着と学習の効率化を図ることを目指している。

希望した生徒に対して事前にモニター学習を実施、生徒が苦手だった単元を克服するなどの学習効果が得られたことから、今回の採用を決定したという。

関連URL

COMPASS

iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
KDDIまとめてオフィス 教育現場のタブレット 選定 調達 導入 運用 まとめてサポート
教育改革を見据え ICT×紙で行う新しい授業実践 授業への参加意欲があがった Classi NOTE
子ども向けプログラミング学習サービス ライセンス販売 出張講座・共催 ユーバー株式会社
EDIX2019出展者特集 掲載記事募集中

アーカイブ

  • みらいスクールステーション FUJISOFT 大型提示装置の活用がぐんと広がる! 教育ICT専用端末メディアボックス
  • すらら×学びのカスタマイズ
  • 4月3日(水)最新号発行!無料でお届け。 チエルマガジンお申し込み CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス