1. トップ
  2. データ・資料
  3. テスティー、iPhoneユーザーの地図アプリに関する調査

2018年9月28日

テスティー、iPhoneユーザーの地図アプリに関する調査

テスティーは、iPhoneユーザー男女4219名を対象に8月16日、17日に地図アプリに関する調査を実施、27日にその結果を公表した。

d13425-107-172774-0それによると、地図アプリの利用者は7割以上。メインで利用している地図アプリは、性別、年代を問わず、第1位は「Googleマップ」で全体の63.5%を占めた。

メイン利用アプリは、性別、年代と移動手段で異なることが分かった。日常的に「車を運転する」と回答した人では、「Yahoo!MAP」の利用率が他のアプリに比べて高い傾向が見られた。「NAVITIME」のメイン利用者は利用頻度が高く、電車の乗り換え情報の豊富さが高評価を得ていた。Apple純正地図アプリ「マップ」はシンプルさと使いやすさで好評を得ていた。

調査ではさらに、地図アプリとして利用頻度の高い4アプリについて、性別・年代別の詳細な利用率をまとめている。

関連URL

調査の詳細

Classi 教育改革期におけるICT活用を考える会 10.27(土)東京会場にて開催!
EDIX関西2018 出展社特集 公開中・募集中
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 10件以上の塾の新規開校事例はこちら すらら
  • 学校現場のICT活用情報 冊子を無料でお届け チエルマガジン申し込みへ
  • 先生!ひょっとしてeラーニングでお悩みですか?
  • 進研模試に連動したアダプティブラーニング 合格への戦略 高1〜高3 お申込み受付中!
  • みらいスクールステーション 導入校が驚いた想定外の利用率! 教室ノートPCに代わる教育ICT専用端末 FUJISOFT
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス