1. トップ
  2. 学校・団体
  3. ティーチャーズ・イニシアティブ、JVPFから3000万円の資金提供

2018年10月12日

ティーチャーズ・イニシアティブ、JVPFから3000万円の資金提供

ティーチャーズ・イニシアティブは11日、ソーシャル・インベストメント・パートナーズ(SIP)と日本財団が共同で運営する「日本ベンチャー・フィランソロピー基金」(JVPF)から、3年間にわたり、総額3000万円の資金提供と経営支援を受けることを決定したと発表した。

d20004-8-806151-0JVPFから3年にわたり、毎年1千万円、合計3千万の資金提供を受け、経営幹部と職員の募集・採用、新たにプログラムを導入する自治体の開拓、アルムナイ組織(卒業生コミュニティ)の整備に注力する。

また、SIPのプロボノパートナーの支援により、中長期の事業戦略の構築、戦略的、立体的広報計画の策定、開発と運営ができる骨太な組織体制の構築に取り組む。

ティーチャーズ・イニシアティブは、学校で働く先生が、自らの教育観と教育手法を21世紀型へシフトすることをサポートするために、2015年に5人の発起人によって設立された。

全国から志ある先生を募り「21世紀ティーチャーズプログラム」を提供。グローバル企業でも採用されている世界先端の人材育成、組織開発のメソッドもふんだんに盛り込み、参加した先生は、深いレベルの意識の変化を経験し、学びの場作りの技術を身に付けていく。

「21世紀ティーチャーズプログラム」は、先生が体験的に21世紀型スキルを学び、実践するためのプログラム。

新しい学びの環境を体験する2泊3日の合宿にはじまり、その体験を学習理論を元に咀嚼し、新しい学びの場の作り方を学ぶ「ラーニングデザインセッション」などを実施し、最後は自身の教育現場で学びを活かした新しい実践に取り組み、最終報告を行う。9カ月に渡るプログラムに、過去3年で100人を超える先生が参加している。

関連URL

ティーチャーズ・イニシアティブ

iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
教育改革を見据え ICT×紙で行う新しい授業実践 授業への参加意欲があがった Classi NOTE
21世紀を生き抜く力を育む 幼児からシニアまで楽しくICT+プログラミングを学べる ICTクラブ大泉学園 無料体験会開催中
EDIX2019出展者特集 掲載記事募集中

アーカイブ

  • みらいスクールステーション FUJISOFT 大型提示装置の活用がぐんと広がる! 教育ICT専用端末メディアボックス
  • すらら×学びのカスタマイズ
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス