1. トップ
  2. データ・資料
  3. 進学塾メイツ、タブレット学習夏期講習の5科目偏差値の結果報告

2018年10月17日

進学塾メイツ、タブレット学習夏期講習の5科目偏差値の結果報告

メイツは、運営する進学塾メイツに通う中学3年生14名の夏期講習をタブレット教材のみで行い、2カ月の学習の結果、5科目偏差値がどのように変化したのかを発表した。

指導風景

指導風景

夏期講習では、生徒が1人1台のタブレットを使い、同社開発のアダプティブラーニング教材「atom」を使って、都立入試対策コース5科目 (英語・数学・国語・理科・社会) の学習を進めた。指導時間は英語・数学が40時間ずつ、理科・社会が20時間ずつ、国語が25時間だった。生徒はタブレット内のアダプティブラーニング機能により出題される問題を演習していき、講師は生徒の学習管理や質問対応を行った。

7月8日と9月2日に行われた「W合格もぎ都立そっくりテスト」を受けてもらいその結果を比較したところ、5科目偏差値は平均で5.2アップした。10以上アップした生徒は2名、下がった生徒はゼロで、ほぼすべての生徒に「atom」が有効であることがわかったという。

特に、主要科目である英語・数学の偏差値帯ごとの結果分析から、偏差値帯ごとに有効な学習にとって重要な要素が異なることが判明した。偏差値40以下の生徒には反復性、偏差値46以下の生徒には反復性と効率性の両方、さらに偏差値49以上の生徒には、反復性と効率性に加えて勉強に対するモチベーション管理が重要であったという。

同社では、教材作りや運用方法を含め、冬期講習や直前講習で引き続きタブレット学習を続けていくほか、FCの栃木県の教室やパートナー企業の都道府県でも、同様にタブレット学習の効果測定を続けていきたいとしている。

関連URL

進学塾メイツ

世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイスを管理 Appleデバイスの管理をもっと簡単に! jamf
Classi 入試改革・新課程を見据えた 学校とICTのあり方を考える会 9.14 土 全国16拠点で同時開催! 詳細はこちら
プログラミングの基本が楽しく身につく、toio(TM)の特別ワークショップ資料公開! お得なセット新登場!!
NICA 全国ICTクラブ協会 無料セミナー Society5.0時代を生き抜く子どもを育てるための ママパパICT&プログラミング講座

アーカイブ

  • 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 みらいスクールステーション 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • 探求学習 すらら×札幌新陽高校
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス