1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. かざすAI図鑑アプリ「LINNÉ LENS」、国内動物園の9割に対応

2018年10月1日

かざすAI図鑑アプリ「LINNÉ LENS」、国内動物園の9割に対応

Linneは、日本の動物園の生き物の9割超に対応し、全90の動物園一覧を追加した「LINNÉ LENS(リンネレンズ)」バージョン1.0.5を、9月28日にリリースした。

d36684-2-373429-0LINNÉ LENSは、スマートフォンをかざすだけで生き物の名前が瞬時にわかり、同時に基本情報、体長・体重、生息地、分布、絶滅危険度、生き物がいる施設も確認できるアプリ。

認識した生き物は自動で写真が記録され、世界に一つだけの図鑑が作れる。今回新たに追加された全国の動物園一覧を参考に、最寄りの動物園で楽しめる。

複数の動く個体を瞬時に、同時に識別できるのは、独自に開発した機械学習の推論アルゴリズムをiPhoneの端末上で回しているため(特許出願中)。

通信の遅延なく、電波の悪い場所や、ネットに接続していない状況でもリアルタイムで認識できる。また、動物園の檻越しでも生き物を正確に識別するため、主要動物園で展示生物ごとに撮影した動画をDeep Learningで学習し、認識エンジンを最適化した。

Apple A12 Bionicを搭載したiPhone XS、XS Max、XRはもちろん、従来のiPhoneでも最新のiOS12ではリアルタイムの認識体験ができる(端末はiPhone 6s以上を推奨)。

LINNÉ LENSは、今年8月13日にリリースした第1弾の水族館を皮切りに、世界の犬・猫、動物園と認識対象を拡大。今後も認識精度、対象を継続的にアップデートしていくという。Androidも準備中。

ダウンロードは無料で、1日10種までの「お試し」も無料。「PROプラン」の利用料は、1カ月360円、3カ月720円、12カ月1450円。対応言語は日本語と英語。

関連URL

LINNÉ LENS

世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイスを管理 Appleデバイスの管理をもっと簡単に! jamf
Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
子ども向けプログラミング学習サービス ライセンス販売 出張講座・共催 ユーバー株式会社
EDIX2019出展者特集 掲載記事募集中

アーカイブ

  • みらいスクールステーション FUJISOFT 大型提示装置の活用がぐんと広がる! 教育ICT専用端末メディアボックス
  • すらら×アクティブラーニング実践事例
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス