1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. スフィロ、凄いプログラミング教育用ロボットボール「Sphero BOLT」を発売

2018年10月22日

スフィロ、凄いプログラミング教育用ロボットボール「Sphero BOLT」を発売

スフィロは19日、色鮮やかな8×8 LED ドットスクリーンと最新型センサーを搭載して、アプリでのプログラミングに対応したロボットボール「Sphero BOLT(スフィロ ボルト)」を発売した。Spheroシリーズの最高位機種で、価格は1万9310円(税込)。

Sphero BOLT

Sphero BOLT

「Sphero BOLT」は、スフィロの教育専用アプリ「Sphero Edu (スフィロ イーディーユー)」でのプログラミングやコミュニティ内のアクティビティを楽しみながら学ぶことはもちろん、操縦して遊ぶこともできるロボット。 また、ジャイロスコープや加速度計などの内蔵センサーからの情報をはじめ、様々なアニメーションをリアルタイム表示できる8×8LEDドットスクリーンを搭載している。BOLT同士の赤外線通信などの先進機能も実現した。

「Sphero Edu」のプレゼンをするジョン・キャロルCTO

「Sphero Edu」のプレゼンをするジョン・キャロルCTO

Sphero Edu(スフィロ イーディーユー)は、既存の教材では実現が難しい、高いレベルのSTEAM(スティーム)教育を可能とするシステムのこと。同名のクロスプラットフォームアプリ(iOS、Android、Kindle、Chrome OS、macOS、Windowsに対応)とスフィロ社のロボットを組み合わせ、様々なアクティビティ(課題)を楽しみながら、様々なレベルのプログラミングを学ぶことができる。

Sphero Eduを利用すると、年齢や習熟度に応じて、、画面に描いた線の通りにロボットを動かすことが可能な「ドロー」、プログラムの部品となるブロックを組み合わせることで、本格的なプログラミングが簡単に行える「ブロック」、JavaScriptというプログラミング言語を利用して、キーボードからコマンドをタイプする「テキスト」の3つの方法でロボットをプログラムできる。

プレゼンする平井氏

「Sphero BOLT」を手にプレゼンする平井氏

プログラミング教育のあり方とSpheroの活用についてプレゼンテーションした情報通信総合研究所の平井聡一郎氏は「Sphero BOLT」の凄いところとして、「iOS、Android、Kindle、Chrome OS、macOS、Windowsに対応したマルチOSであること」、「バッテリーが2時間もつこと」、「8×8 LED ドットスクリーンで表現が豊かになったこと」、「磁気探知機や光センサーを実装していること」、「赤外線でBOLT間通信ができること」などをあげ、「Sphero BOLT」の教育現場での活用の可能性について紹介した。

「Sphero Mini」、「Sphero SPRK+」、「Sphero BOLT」のスフィロのロボットは、シンプルで丈夫な作りなので学校の授業でも扱いやすく、導入しやすいロボットだという。アイデア次第で学校の様々な教科で活用できるので、これまでに、世界中の2万校で3万人以上の先生が、130万人以上の子どもたちにSphero Eduでプログラミングを教えてきたというう。

関連URL

Sphero Edu

KDDIまとめてオフィス 教育現場のタブレット 選定 調達 導入 運用 まとめてサポート
Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
教育ICT 大規模導入!in 熊本市 NTT DOCOMO
早期お申込がおトク!2019年新人・新卒者研修 春の先得キャンペーン KENスクール 法人研修サービス
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 10件以上の塾の新規開校事例はこちら すらら
  • 学校現場のICT活用情報 冊子を無料でお届け チエルマガジン申し込みへ
  • 先生!ひょっとしてeラーニングでお悩みですか?
  • 進研模試に連動したアダプティブラーニング 合格への戦略 高1〜高3 お申込み受付中!
  • みらいスクールステーション 導入校が驚いた想定外の利用率! 教室ノートPCに代わる教育ICT専用端末 FUJISOFT
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス