1. トップ
  2. 学校・団体
  3. 来春開講の「N中等部」、反響を受け初年度から規模を拡大

2018年10月25日

来春開講の「N中等部」、反響を受け初年度から規模を拡大

角川ドワンゴ学園は、9月13日に設立を発表した新スクール事業「N中等部」に想定を超える反響があったことから、当初の計画を大きく見直し、初年度の2019年4月から東京と大阪の2カ所で開校することを決定した。

caaee3d39477786adc39fa7203deee20-1024x397所在地が未発表だった東京都内の校舎は「新宿キャンパス」に決定し、発表時の定員40名を大幅に拡充した150名のキャンパスとして開校する。また、新たに大阪府内に定員150名の「江坂キャンパス」を開校することを決めた。

「N中等部」は、教育機会確保法の趣旨に基づいて運営する通学型のスクール。「常識を超えて、未来を創る」をスローガンに、社会で求められる創造力を身につけるために、実践型授業を柱にしたカリキュラムで構成する、新しい教育コンセプトの「プログレッシブスクール」。すでに運営している「N高等学校」の教育ノウハウを活かした探究学習、先取り学習、プログラミング学習をカリキュラムの柱に据え、N高につながる一貫教育として、6年間を通して創造力と協働力を実践的に育成していく。

学校休校日などを除く年間の登校日を12分割したものを1期とし、Weekday Course (週5) 6万4800円/期、3 Days Course (週3) 4万8600円/期、1 Day Course (週1) 3万2400円/期の費用のほか、入学金などの諸経費が別途かかる。

関連URL

N中等部

iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
ICTクラブ大泉学園 無料プログラミング体験会 やってみなくちゃ分からない ゲームをプログラミングしよう!
出展情報・商談予約 6月19日~21日開催 EDIX2019 出展者特集

アーカイブ

  • みらいスクールステーション 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • すらら×アクティブラーニング実践事例
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス