1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 茨城のフィットネスクラブが「すらら」を活用した学習塾を開校

2018年10月2日

茨城のフィットネスクラブが「すらら」を活用した学習塾を開校

茨城県水戸市のスポーツプラザ山新が運営するフィットネスクラブが、すららネットのクラウド型学習教材「すらら」を活用した学習塾を1日に新規開校した。

先行体験会の様子

先行体験会の様子

フィットネス企業での「すらら」活用はこれがはじめて。スポーツプラザ山新は、1984年の創業当初から、幼児~高齢者まで幅広い層の心身の発達や健康増進に貢献してきた地域密着型フィットネスクラブチェーン。現在、同県内に8店舗ある。

中長期的に少子化が進行していく経営環境に対応するため、今回、フィットネスクラブの常識にとらわれず、地域に貢献できる新しい事業としてスイミングのコーチがサポートする自立型学習スタイルの学習塾「ぷららすスタディ」をオープンした。

「ぷららすスタディ」では、小学3~6年生を対象に英語、数学、国語の主要3教科の学習サービスを提供。

フィットネスクラブの空き部屋をリノベーションした学習室に、パソコンを複数台用意。子どもたちは、クラウド型学習教材「すらら」を用いて自主的に勉強する。

勉強は、個々のレベルや目標に合わせて、日ごろスイミングの指導を行うコーチからサポートを受けながら進めていく。初年度は、石岡店だけのサービス提供だが、将来的には他の店舗でも検討。

今年7月には、東京・築地本願寺が「すらら」を活用した「寺子屋」をスタート。今回のフィットネスクラブの「すらら塾」は、異業種による学習塾参入の第2弾。

関連URL

すららネット

世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイスを管理 Appleデバイスの管理をもっと簡単に! jamf
教育改革を見据え ICT×紙で行う新しい授業実践 授業への参加意欲があがった Classi NOTE
21世紀を生き抜く力を育む 幼児からシニアまで楽しくICT+プログラミングを学べる ICTクラブ大泉学園 無料体験会開催中
EDIX2019出展者特集 掲載記事募集中

アーカイブ

  • みらいスクールステーション FUJISOFT 大型提示装置の活用がぐんと広がる! 教育ICT専用端末メディアボックス
  • すらら×アクティブラーニング実践事例
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス