1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. 舶来ガジェット、アマゾン社製AIミニカー「DeepRacer」予約開始

2018年12月4日

舶来ガジェット、アマゾン社製AIミニカー「DeepRacer」予約開始

舶来ガジェットは3日、日本未発売のアマゾン社製AIミニカー「DeepRacer」の取り扱いを開始すると発表した。12月3日から予約を開始し、出荷開始は2019年3月からの予定。

1204-awsアマゾン社は、ラスベガスで開催されたre:Invent 2018で、世界初となるAIミニカー「DeepRacer」を発表。この1/18スケールのレーシングカーは、深層学習、強化学習によってコースを自律走行できるようになる自律型ミニカー。

「DeepRacer」のプログラミングには、Amazon SageMakerプラットフォームを使用する。
「DeepRacer」にはIntel Atomプロセッサと4GBのRAM、ヒート・マップを作る1080p 解像度の400万画素のカメラ、WiFi、2時間駆動できるバッテリーなどを搭載している。

内蔵ソフトウェアとして、オペレーション・システムとなる「Ubuntu OS 16.04.3 LTS」、ロボット・オペレーティング・システム「ROS Kinetic」、視覚情報を制御する「Intel OpenVINO」というコンピューター・ビジョン・ツールキットがAtomプロセッサで走る。
「DeepRacer」には、ロボット・アプリケーション・サービス「AWS RoboMaker」による3Dシミュレーション環境も含まれている。

ユーザーはシミュレーターに含まれているあらかじめ定義されたレーストラックに対する自律走行アルゴリズムを訓練することができる。また、レーストラックをバーチャルで評価したり、「DeepRacer」の車両にレーストラックをダウンロードし、実際に走行を検証したりできる。アマゾン社では来年、ディープレーサー・リーグというレース大会を開催する予定。

関連URL

「DeepRacer」公式情報

予約注文サイト

世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイスを管理 Appleデバイスの管理をもっと簡単に! jamf
KDDIまとめてオフィス 教育現場のタブレット 導入実績多数!まとめてサポート
Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
子ども向けプログラミング学習サービス ライセンス販売 出張講座・共催 ユーバー株式会社
Web展示会 プログラミング教室・ツール展 開催中

アーカイブ

  • みらいスクールステーション FUJISOFT 大型提示装置の活用がぐんと広がる! 教育ICT専用端末メディアボックス
  • すらら×オーダーメイドの学び
  • 4月3日(水)最新号発行!無料でお届け。 チエルマガジンお申し込み CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス