1. トップ
  2. イベント・セミナー
  3. イベント・セミナー・体験会・公開授業の無料告知はICT教育ニュース

2019年6月10日

イベント・セミナー・体験会・公開授業の無料告知はICT教育ニュース

ICT教育ニュースでは、ICT教育に関わるイベント、セミナー、体験会、公開授業などの開催告知を無料で掲載しています。掲載記事は、トップページの「最新ニュース」に掲載される他、トップページ右バー中段の「イベント・セミナースケジュール」に掲載されます。

0609-icten
リリースになっていなくても、下記の内容を満たした情報を提供頂ければ掲載します。*情報提供=掲載を約束するものではありません。。

1)開催日が確定していて、開催まで3日以上1年未満であること。
2)主催者が明確で、個人でないこと。(企業、教育機関、団体、任意団体でも可)
3)開催日時、開催場所、参加資格、募集人数、申込方法等が明確であること。
4)参加費(無料または金額)が明確であること。
5)「情報提供の方法」に準じた方法であること。

告知記事のアクセス数を増加させるサービス

掲載した記事がより多くの読者に認知され、より目立たせ、アクセス数を増やすためのサービスを用意しています。

□「注目記事」 掲載料:1週間 10万円(税別)
告知記事をトップページ最上段の「注目記事」に、画像(640pix×400pix以上の大きさ)付きで1週間掲載します。
1週間で初日のアクセス数の約倍のアクセス数を獲得できます。

□SNS広告  利用料:1回 5万円(税別)
Twitter(登録数5,200)とFacebook(登録数5,100)に、140字以内のテキストと画像(640pix×400pix以上の大きさ)、リンク先(告知記事でも独自の申込サイトでも可)を送付して告知します。メルマガ配信の希望があれば、600字以内のテキストで無料配信します。
一般的な配信効果は、インプレッション数が500~1000、エンゲージメントは2%~5%程度です。

*記事無しで、SNS広告のみでも利用できます。
*メルマガは成果測定が出来ないので無料としています。メルマガだけのサービス提供はしておりません。

情報提供の方法

情報提供は、テキストと画像(無くても可)を添付して下記メールアドレスか投稿フォームから送付してください。画像化されて編集できないPDFやFAX、郵送などでは受け付けていません。

<情報の送付先>
Mailアドレス:release@ict-enews.net
投稿フォーム:https://ict-enews.net/contribute/

有料サービスを利用する場合は、事前に下記メールに掲載スケジュールの確認をお願いします。

問い合わせ先

ICT教育ニュース 編集部
info@ict-enews.net

AI x アダプティブラーニング 低負荷で個別最適の学びを実現 すらら 活用事例はこちら
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
期間限定体験コース開設 CLICK! 非営利型一般社団法人 Just-learning

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • みらいスクールステーション 学校内の密集回避や分散授業に みらスクで感染症対策! FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 国内メーカーならではの手厚い対応/無償保証 「GIGAスクール構想」対応ネットワークソリューション AlaxalA
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス