1. トップ
  2. 動画ニュース
  3. iTeachers TV Vol.150 広尾学園中高の金子 暁 先生(前編)

2018年7月26日

iTeachers TV Vol.150 広尾学園中高の金子 暁 先生(前編)

iTeachersとiTeachers Academyは25日、iTeachers TV Vol.150 広尾学園中学校・高等学校の金子 暁 先生による「広尾学園にとってのICT環境とは何か(前編)」を公開した。

0725-it広尾学園のICT環境整備が全校レベルで動き始めたのは2011年頃。すでに1人1台体制だった学園インターや豪州コルベカトリックカレッジの自然なあり方から大いに学びながら、校内のICT環境を段階的に整えてきた。いっときの流行だけではなく、構造的な変化が早いICTを、どうやって学校の教育活動に根づかせ、活用の最大化をはかっていくか。それが広尾学園にとっての最大の課題だった。金子先生たちが模索し、追求してきたICT環境の構造と、これからの学校教育の考え方を事例を紹介しながら説明する。

金子先生は、順心女子学園に社会科教諭として勤務。生徒急減期の体験を経て、2007年の校名変更と共学化に合わせた広報戦略を担当。学校人気が急上昇する中、2009年からキャリア教育を兼任。2011年からICT 教育兼任。2013年からはそれらを統合した教務開発部の統括責任者。学校価値のプラスの循環を構築しながら、常に新しい学校モデルを目指す。2017年から副校長。

後半の「教育ICTなんでも3ミニッツ」は、同志社中学校・高等学校の反田 任 先生による、「英語4技能を鍛える」。

反田先生は、EdTech Promotions Manager(ICT教育推進担当)。2014年度からOne to One での iPad 導入や Wi-Fi ネットワークの構築を進めてきた。担当教科は 「英語」。ICT を活用しながら、知識、語学力、思考力、コミュニケーション能力をつける発信型の英語教育をめざしている。Apple Distinguished Educator Class of 2015, Intel Teach マスターティーチャー。

iT-Lv2

□ 広尾学園にとってのICT環境とは何か(前編)

iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
KDDIまとめてオフィス 教育現場のタブレット 導入実績多数!まとめてサポート
Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
子ども向けプログラミング学習サービス ライセンス販売 出張講座・共催 ユーバー株式会社
Web展示会 プログラミング教室・ツール展 開催中

アーカイブ

  • みらいスクールステーション FUJISOFT 大型提示装置の活用がぐんと広がる! 教育ICT専用端末メディアボックス
  • すらら×アクティブラーニング実践事例
  • 4月3日(水)最新号発行!無料でお届け。 チエルマガジンお申し込み CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス