1. トップ
  2. 教育行政・入札
  3. 新見市/2014年度から中学校で1人1台タブレット端末

2014年2月25日

新見市/2014年度から中学校で1人1台タブレット端末

岡山県新見市は20日、2014年度中に市立中学校に1人1台のタブレット端末を導入すると発表した。

これまで新見市では、高尾小学校と哲西中学校で、1人1台のiPadを活用した実証実験などを行ってきた。

その成果を受け、2014年度に哲西中学校を除いた市内の全5中学校へ、生徒・教員用のタブレット端末850台や電子黒板60台の導入、システムの構築を進める。

事業費は約1億5千万円を想定。

新見市学校教育課は、中学校への導入理由について、「複数の教科を教える小学校の教員より、中学校の教員は教科担任制なので、タブレット端末に比較的慣れやすいのではないかと考えている」と説明。

今後、タブレット端末の機種選定などを行い、夏までに授業での活用を始めたいという。
また、中学校の導入後の経過を見ながら、小学校への導入も検討していく。

関連URL

新見市

 

世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイスを管理 Appleデバイスの管理をもっと簡単に! jamf
主体的に学ぶ力をのばす Classiポートフォリオ 2つの新機能登場! 1:アルバム機能、2:学びの振り返り機能
子ども向けプログラミング学習サービス ライセンス販売 出張講座・共催 ユーバー株式会社
EDIX2019出展者特集 掲載記事募集中

アーカイブ

  • みらいスクールステーション FUJISOFT 大型提示装置の活用がぐんと広がる! 教育ICT専用端末メディアボックス
  • すらら×オーダーメイドの学び
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス