1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. NEC/早稲田大学の授業公開プラットフォームを構築

2014年2月26日

NEC/早稲田大学の授業公開プラットフォームを構築

NECは25日、早稲田大学の授業動画や講義資料などのコンテンツを国内外へ公開するプラットフォーム「Waseda Course Channel」を構築したと発表した。

「Waseda Course Channel」は、25日から約100コンテンツを公開し、3月末には約1000コンテンツまで拡充する予定。

NECは、安定的なサービスの提供、TCO(Total Cost of Ownership)の削減、新規サービスの早期立ち上げのため、2012年からプライベートクラウド環境を構築し、早稲田大学のポータルや教務システムなど、学内システムの移行を進めている。

このプライベートクラウド環境は、約50のシステムのハードウェアやOS等のプラットフォームを仮想化・統合し、早稲田大学の共通IT基盤として利用されるもの。

「Waseda Course Channel」においても、このプライベートクラウド環境を活用することで、短期間でのサービスの立ち上げを実現した。

コンテンツ配信管理システムはソニービジネスソリューションの「OPSIGATE(オプシゲート」、検索技術は富士ゼロックスの「TalkMiner(トークマイナー)」を採用し、NECはこれらを含めた「Waseda Course Channel」全体の構築を行っている。

関連URL

「Waseda Course Channel」
ソニービジネスソリューション「OPSIGATE」

問い合わせ先

NEC 文教・科学ソリューション事業部
webmaster@elsd.jp.nec.com

教育改革を見据え ICT×紙で行う新しい授業実践 授業への参加意欲があがった Classi NOTE
EDIX関西2018 出展社特集 公開中・募集中
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 失敗しない学校へのICT導入 5つのポイントを公開 ICT導入・活用無料セミナー開催 すらら
  • 学校現場のICT活用情報 冊子を無料でお届け チエルマガジン申し込みへ
  • 先生!ひょっとしてeラーニングでお悩みですか?
  • 進研模試に連動したアダプティブラーニング 合格への戦略 高1〜高3 お申込み受付中!
  • みらいスクールステーション 導入校が驚いた想定外の利用率! 教室ノートPCに代わる教育ICT専用端末 FUJISOFT
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス