1. トップ
  2. イベント・セミナー
  3. レアジョブ/3カ月で英語が話せるプログラム「本気塾」

2015年12月2日

レアジョブ/3カ月で英語が話せるプログラム「本気塾」

レアジョブは1日、通学制の指導塾形態のオフラインセッションとオンライン英会話を組み合わせた英語学習プログラム「3カ月で英語が話せる!レアジョブ本気塾」を開始すると発表した。

日本人スタッフの指導の下、スタッフと一緒に立てた目標達成に向けて作成する英語学習計画に基づき、「インプット学習→オンラインレッスンによる練習→実践」というラーニングサイクルを回すことで3カ月間という「短期間」で「効率的」に成果を出すためのプログラム。

毎週土曜午後にレアジョブ本社で実施する日本人スタッフによる講義と、毎日50分のオンライン英会話レッスンのほか、インプット学習等の課題をこなして、目標達成を目指す。

毎週の講義では、目標達成のための動機付け、毎週の課題の説明、学習計画の策定、個別カウンセリング、勉強仲間との情報共有などを行う。学習計画は、レアジョブ・スピーキングテストで弱点を把握しながら見直しを図りながら進め、また、カリキュラムは、前半は基礎力の養成、後半は目標達成に向けた応用、TOEICスピーキングテスト対策などを織り込んでいる。

この取り組みは、もっと短期間で話せるようになりたい、最適な学習法がもっと知りたい、学習が続かないのでしっかりサポートしてほしいといった利用者の声に応えるためのもの。

「レアジョブ本気塾」概要

募集人数:10人 ※応募者多数の場合は選考により決定
入塾条件:12月22日(火)、25日(金)に開催する説明会への参加/本気で英会話力を伸ばしたいと思っている人/現状TOEIC600点以上の英語力があるが、英会話に自信のない人/実施期間中の3カ月間は、毎週土曜日の塾の参加と週14時間程度の勉強時間が確保できる人

関連URL

公式ブログ(プログラムへの応募、詳細)

問い合わせ先

レアジョブ

2か月間の「すらら」学習時間を競うイベント! 2020.12.1-2021.1.31 すららCUP -ひとりじゃ見えない景色を見にいこう- すららカップエントリー受付中
Classi 導入事例 客観的データに基づく学習指導 佐賀県立致遠館中学校・高等学校
自立学習型能力開発 ICT教材の利活用にお悩みの先生へ 導入事例をご紹介 速読解力講座 速読聴英語講座 簡単入力で資料請求
Rakuten Communications 詳細はこちら GIGAスクールプラン 授業のICT化をサポート 用途に合わせたSIMカードをご提供
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)活用パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • マルチプラットフォーム辞書 DONGRI 活用事例集プレゼント!
  • スタディサプリ これがICT教材のトータルパッケージ 1分で資料入手!
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス