1. トップ
  2. イベント・セミナー
  3. DiTT/2045年の学びを考えるアイデアソン、1月と2月に開催

2015年12月8日

DiTT/2045年の学びを考えるアイデアソン、1月と2月に開催

デジタル教科書教材協議会(DiTT)は、未来の学びを考えるイベント「2045年未来の教室を考えるアイデアソン」を、参加対象を分けて東京・赤坂のドコモ・イノベーションビレッジで開催する。子どもの部は2016年1月31日、大人の部は2月7日。参加費は無料。

人工知能が人の能力を超えるとされる2045年に未来の学びがどのようになっているかを考えるイベント。

「学び方」「学びの場」「学びの道具」をテーマに、グループごとに対話をしながらビジネスモデルの構築、アクションプランの制作を行う。イラストやテキストなど自由な形でそれぞれのグループから出された意見をまとめ、発表する。

子どもの部の対象は小学3年生~中学3年生、大人の部は高校生以上が対象。定員はどちらも30名。

参加希望の場合はイベントWebサイトから申し込む。申込み多数の場合は抽選となる。

DiTT「2045年未来の教室を考えるアイデアソン」概要

<子どもの部>
日 時:2016年1月31日(日)10:00~16:00
会 場:ドコモ・イノベーションビレッジ[東京都港区赤坂1-12-32 アーク森ビル31階]
<大人の部>
日 時:2016年2月7日(日)10:00~16:00
会 場:ドコモ・イノベーションビレッジ[東京都港区赤坂1-12-32 アーク森ビル31階]

関連URL

「2045年未来の教室を考えるアイデアソン」(詳細・申込)

iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
教育改革を見据え ICT×紙で行う新しい授業実践 授業への参加意欲があがった Classi NOTE
21世紀を生き抜く力を育む 幼児からシニアまで楽しくICT+プログラミングを学べる ICTクラブ大泉学園 無料体験会開催中
EDIX2019出展者特集 掲載記事募集中

アーカイブ

  • みらいスクールステーション FUJISOFT 大型提示装置の活用がぐんと広がる! 教育ICT専用端末メディアボックス
  • すらら×アクティブラーニング実践事例
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス