1. トップ
  2. データ・資料
  3. 新課程教科「情報Ⅰ」、高校教員が最も課題に感じるのは「大学入学共通テストへの対応」=ベネッセ調べ=

2021年7月29日

新課程教科「情報Ⅰ」、高校教員が最も課題に感じるのは「大学入学共通テストへの対応」=ベネッセ調べ=

ベネッセコーポレーションは28日、高校教員274人を対象に実施した、新課程教科「情報Ⅰ」に関する学校の課題についてのアンケート調査の結果をまとめ発表した。


同社は、高校教員を対象に、「新課程教科『情報』に向けて今、始められる準備」と題するオンラインセミナーを、7月1日と6日に開催。2022年度から実施の新課程1期生入学に向け「情報Ⅰ」の授業で準備・検討すべき内容について考えた。

同ウェビナー後に、参加した高校教員274人(教科「情報」担当外、兼任を含む)を対象にウェブアンケートを実施。「情報Ⅰ」に関して各学校で最も課題に感じるものを聞いたところ、最も多かったのは「大学入学共通テストへの対応」42.3%だった。

以下、「指導ノウハウ(プログラミング、データサイエンスなど)」22.6%、「指導教員の不足」12.0%、「教科『情報』の評価方法」5.5%、「授業の教材選定」2.6%などが挙げられ、変化が大きいとされる教科「情報Ⅰ」に関わる高校教員の現在の課題感がうかがえる結果となった。

同社は、2022年度の「情報Ⅰ」スタートに合わせて、学校団体専用商品として、「情報Ⅰ」のデジタル学習教材「Pスタディ デジタル・情報活用力学習プログラム」と、「Pプラス デジタル・情報活用力テスト」(コアタイプ:中学卒業レベル/ベーシックタイプ:情報Ⅰレベル)を発売する。

まず、教材「Pスタディ」の無料お試し版の提供を6月29日から開始。テスト「Pプラス」は、現在は希望だけを受付け中で、申込み案内は9月中旬以降を予定。「Pスタディ」「Pプラス」ともに2022年3月末頃から、商品版の申込みを開始する予定。

関連URL

「情報Ⅰ」に関するオンラインセミナーの視聴

「Pスタディ」無料お試し版の申込み(学校団体専用)

「Pスタディ」「Pプラス」

ベネッセ

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Yubi Plus 先生方にもテレワークを! 狭山市実践事例 詳しくはこちら
事前登録制 お申し込み受付中 Classi GIGAスクール時代における学校教育・学習指導について考える会(無料) 9.21(水)16:00-/9.28(火)16:00-
ニュース記事の作成・提供 膨大なリリースから最適なネタを選択し記事化して廉価で提供 取材記事も作成可能 WANITEL Web-News Writing Service

アーカイブ

  • 資料請求 無料体験 朝日小学生新聞 朝日中高生新聞 デジタル for School
  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • GIGAスクール構想 機器のお悩みはこちら 24時間365日受付
  • 基本機能だけならずっと無料 デジタル採点システム 無料Webセミナー 10/5(火) 16:30~開催 先着順にてお申し込み受付中 YouMark Personal
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 訴求力をUPさせるワンランク上の提案書 無料セミナー実施中! Out-Sourcing! Technology
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス