1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. Appen、人工知能や機械学習モデルの導入・開発支援のため日本法人を設立

2021年11月8日

Appen、人工知能や機械学習モデルの導入・開発支援のため日本法人を設立

Appen(アッペン)は4日、日本における人工知能や機械学習モデルの導入・開発を支援するため、日本法人であるアッペンジャパンの設立を発表した。

代表取締役社長には、IHS Markit、Box、Oracleなどの世界的なテクノロジー企業での製造業や金融業に対するビジネス開発の豊富な経験を持つ神武秀一郎氏が就任。

オーストラリアのシドニーを拠点とし、世界各地にオフィスを構えるAppenは、世界170カ国以上、235を超える言語と方言に対応可能な100万人以上の熟練したクラウドワーカーを擁するグローバルクラウドネットワークと、業界をリードするAI支援型データアノテーション・プラットフォームを展開。

テクノロジー、専門知識、そしてグローバルクラウドネットワークを活用することで、テクノロジー、自動車、金融、小売、ヘルスケアなどの各業界や政府のリーダーたちに、世界クラスのAI製品の展開を支援。また、Appenは2019年にクラウド倫理規定を発表し、「責任あるAI」のグローバル・チャンピオンとして、世界経済フォーラムなどの主要組織と協力し、AIサプライチェーンの各ステップにおける倫理についての意識を高めているという。

IDCによると、日本のAIシステム市場は2025年までに25.5%の年平均成長率が見込まれている。同社は、この成長を支える戦略的なポジションにある。日本市場では、コンサルティング会社やシステムインテグレーター、AI開発企業とのパートナーシップが必要不可欠であり、それらを強化するためにチャネル戦略にも反映させるという。

また、Appenがすでに友好な関係を築いている国内のテクノロジー企業や自動車関連企業とのパートナーシップも今後さらに強化していくという。

関連URL

Appen

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • GIGAスクールで育む創造性 Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス