1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. Nancy、小学生のキャリア教育「こどものまちオンライン」開設のスポンサー企業を募集

2021年12月24日

Nancy、小学生のキャリア教育「こどものまちオンライン」開設のスポンサー企業を募集

Nancyは23日、小学生のキャリア教育などをオンラインで実施する「こどものまちオンライン」の開設を支援するスポンサー企業の募集を開始した。

Nancyは、小学生が架空都市の運営発展を通して成長する「ぎふマーブルタウン」事業を、5年前から岐阜で実施。

経産省キャリア教育アワードを受賞した同タウンでは、働いて給料(架空通貨:マーブル)を稼いで税金を納めたり、集まった税金の使い道を決める国王を選挙で選んだり、自分たちで手作りした商品やサービスを店で出して起業することもできる。

「正解を教えない教育」を大事にしており、スタッフによる口出しや手出しはNG。小学生たちが自分の頭で考えて自分の手で選択し、自分の足で動ける力を引き出していくことを目指している。

同タウンは年に2~3回のペースで開催。多いときでは1日に791人の小学生が参加し、ボランティアもこの1日のために全国から100以上集まる。

タウンの立ち上げから5年、法人化して2年が経つが、これまでの開催で延べ5152人の小学生が参加。うちリピーターはおよそ70%で、「自分の手で何かを生み出してみた」小学生も全体の75%にのぼる。

だが、コロナの影響などもあり、同タウンは2019秋の開催を最後に現在までずっと停止したまま。そこで、今回、同タウンのオンライン版ともいえる「こどものまちオンライン」を開設することを決定。

現在、バーチャル展示会などを手がけてきた企業と連携して話を進めているが、開設資金などが足りないことから、スポンサー企業を募集することにした。

「こどものまちオンライン」はアプリ形式を予定しており、iOS・android・Windows・MacOS(iPhoneやiPad・Android系スマホ・Windows系PC・Macbook系PC)に対応する予定。

スポンサー権利は、協賛する金額によって違ってくるが、一例として、ロゴをプリントしたアバター用の服を用意したり、企業の商品などオリジナル要素をアバターアイテムにしたりして広告効果を得ることもできる。

関連URL

Nancy

自律的な学習者への第一歩に 自己効力感の向上 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 無線通信可視化・安定化ソリューション Tbridge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス