1. トップ
  2. イベント・セミナー
  3. 東京農業大学総合研究所研究会「稲・コメ・ごはん部会」 第12回ウェビナー開催

2023年1月16日

東京農業大学総合研究所研究会「稲・コメ・ごはん部会」 第12回ウェビナー開催

東京農業大学は、東京農業大学総合研究所研究会「稲・コメ・ごはん部会」 第12回ウェビナー「新機能コメ開発の最前線」を2月24日に開催する。

研究会では、ゲノム編集による新機能付与の可能性や既存の稲遺伝資源や突然変異体の中から、目的とする新機能を備えた稲・コメを探索・育種する試みを紹介する。

開催概要

開催日時:2月24日(金)13:30~16:35
開催形式:ウェビナー(ZOOM)
参加費:会員・東京農業大学学生:無料 / 非会員:3000円
プログラム:
13:30~13:40 「開会の挨拶」 佐々木 卓治 氏(稲・コメ・ごはん部会部会長 東京農業大学総合研究所)
13:40~14:20 「ゲノム編集で何ができる? 狙った遺伝子のピンポイント改変とイネ育種」遠藤 真咲 氏(農研機構生物機能利用研究部門)
14:20~15:00 「いまなぜ、高タンパク質米の育種なのか?」 山本 祐司 氏(東京農業大学応用生物科学部農芸化学科)
15:00~15:10 休憩
15:10~15:50 「コメ品種特異的な免疫制御機能」 安達 貴弘 氏(東京医科歯科大学難治疾患研究所・未病制御学)
15:50~16:30 「鉄分を増強したイネ品種の開発とその応用」 齋藤 彰宏 氏(東京農業大学応用生物科学部農芸化学科)
6:30~16:35 「閉会の挨拶」 辻井 良政 氏(稲・コメ・ごはん部会 幹事 東京農業大学応用生物科学部農芸化学科)
参加申込締切:2月23日

参加申込

関連URL

東京農業大学

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • GIGAスクールで育む創造性 Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • 学習者用デジタル教科書の活用環境を考える 詳しくはこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス