1. トップ
  2. 動画ニュース
  3. iTeachers TV Vol.357 明星中・高 木村剛隆 先生(後編)

2023年4月13日

iTeachers TV Vol.357 明星中・高 木村剛隆 先生(後編)

iTeachersとiTeachers Academyは12日、iTeachers TV Vol.357 明星中学校・高等学校 木村剛隆 先生による「アクションベースで思考する探究学習のカリキュラムデザイン(後編)」を公開した。

後編では、アクションベースで思考するカードゲームの開発について話す。プロジェクトのアイデア作りの場面で、「Social Actionカードゲーム」というアイデア出しを誘発するゲームを開発。アクションベースで探究の課題を作るという仕掛けをつくった。開発することを思いついた経緯やカードゲームの仕様、カードゲームによる効果について説明する。また1年間のカリキュラム運営の中であった失敗や反省についても言及する。

木村先生は、関西大学大学院総合情報学研究科を修了。屋久島で2年間教員を経験し、現在は明星中学校・高等学校で「情報」の授業を担当している。「情報Ⅰ」の新カリキュラムの設計と実践、「総合的な探究の時間」のカリキュラム設計と運営・実践をしている。大学時代から、プロジェクト学習や正課外活動を軸に研究・実践している

後半の「教育ICTなんでも3ミニッツ」。今回は、玉川大学の小酒井正和 先生による「授業で使える!ツール活用講座」。今回紹介するのは、「KH Coder」。

小酒井先生は、玉川大学工学部マネジメントサイエンス学科教授。博士(経営学)。専門は管理会計、IT マネジメント。1998年から青山学院大学でeラーニング授業開発プロジェクトに参加し、ビジネス演習コースの教材やITシステムの開発を担当。現在では、iPhoneやiPadを使った学生とのインタラクティブな授業を実践。

iT-Lv2

□ アクションベースで思考する探究学習のカリキュラムデザイン(後編)


□ アクションベースで思考する探究学習のカリキュラムデザイン(前編)

自律的な学習者への第一歩に 自己効力感の向上 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
大塚商会のNext GIGA
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 無線通信可視化・安定化ソリューション Tbridge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス