1. トップ
  2. データ・資料
  3. EnglishCentral/オンライン英語学習サービスのユーザー動向など発表

2014年4月14日

EnglishCentral/オンライン英語学習サービスのユーザー動向など発表

EnglishCentralは11日、オンライン英語学習サービス「EnglishCentral」のユーザー動向と発信型スキルの重要性に関する調査結果を発表した。

EnglishCentralを導入している大学の数

「EnglishCentral」は、スピーキングの練習や、動画を使ったリアルな学習素材が特徴のオンライン英語学習サービス。

教育機関や企業などで、英語のリスニングやスピーキング、ライティングを含む発信型スキルが求められているようになってきており、「EnglishCentral」にも、そのトレンドは顕著に現れているという。

2011年から一般の利用者だけでなく、大学や企業にスピーキングスキルを高める動画や音声録音機能がついた英語学習形態を提供しはじめたが、契約大学の数は2012年度の26校から2013年度にかけて50校まで急増。

その後も、国立福井大学や関西学院大学などでグローバル人材育成事業の一環として大規模採用が進むなど、安価で時間制限のないスピーキングの練習を特徴とした学習サービスの需要が拡大しつつあることがうかがえるという。

関連URL

EnglishCentral

世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイスを管理 Appleデバイスの管理をもっと簡単に! jamf
Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
NICA 全国ICTクラブ協会 無料セミナー Society5.0時代を生き抜く子どもを育てるための ママパパICT&プログラミング講座

アーカイブ

  • みらいスクールステーション 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • すらら×学びのカスタマイズ
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス