1. トップ
  2. 教育行政・入札
  3. 淡路市教委/教員1人1台タブレット 転勤しても使える導入法

2014年6月13日

淡路市教委/教員1人1台タブレット 転勤しても使える導入法

兵庫県淡路市教育委員会は、1人1台のタブレット端末の学習環境を目指し、2012年から市内の小中学校に本格的な導入を開始している。タブレット端末の導入は学校単位で進められることが多いが、市教委では意欲のある教員に貸与するというユニークな整備の仕方をしている。

「iTunes U」コースの紹介ページ

淡路市では、現在までに220台のタブレット端末を整備。それらを学校に入れるのでなく、市教委が研修員として認定した教員に貸与している。学校への貸与ではないため、研修員は転勤になっても、機器を転勤先の学校に持っていくことができ、これまで同様にICTを活用した授業が続けることが可能だ。

市担当者は、タブレット端末を「学校単位で導入し、さあみんなで使いましょうでは、中々使ってもらえない」と背景を語る。市からタブレット端末を、意欲のある教員に直接貸与することで、しっかりと稼動させ、有効活用できると続けた。

市教委では、4月から、Appleの教育コンテンツ配信サービス「iTunes U」にデジタル教材を配信するコースを開設した。これは研修員という制度の成果のひとつだ。

きっかけは、英語を教える研修員の1人が「iTunes U」を使い、タブレット端末を使った授業用に教材を作り出したことだった。すると、まわりの研修員も興味を示し、その輪が広がっていった。現在は、小学校の英語や社会、音楽、中学校の理科や体育の教材など、11のコンテンツがアップされており、授業でも活用されている。今後も毎月コンテンツをアップしていき、拡充を図っていくという。

市教委は、2018年度までに約2700台のタブレット端末を導入し、小学校4年から中学校3年の全教室で1人1台の環境を構築することを目指している。それにあわせて、現在20人いる研修員も、毎年50名ずつほど増員していく予定だ。

関連URL

淡路市教育委員会

淡路市教育委員会のiTunes Uサイトについて

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
文科省指定校神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介 Classi
自立学習型能力開発 ICT教材の利活用にお悩みの先生へ 導入事例をご紹介 速読解力講座 速読聴英語講座 簡単入力で資料請求
Rakuten Communications 詳細はこちら GIGAスクールプラン 授業のICT化をサポート 用途に合わせたSIMカードをご提供
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)活用パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • マルチプラットフォーム辞書 DONGRI 活用事例集プレゼント!
  • スタディサプリ 3校に1校が導入済みのICT教材って? 1分で資料入手!
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス