1. トップ
  2. イベント・セミナー
  3. デジタルハリウッド大学大学院 ほか/横浜で公民連携アプリコンテスト

2014年10月7日

デジタルハリウッド大学大学院 ほか/横浜で公民連携アプリコンテスト

デジタルハリウッド大学大学院は、公民連携によるアプリコンテスト「YOKOHAMA Ups!(ヨコハマ アップス)」の「アプリ開発部門」で、1日から公募を開始した。

「YOKOHAMA Ups!」は横浜市との共催

「YOKOHAMA Ups!(ヨコハマ アップス)」は、デジタルハリウッド大学大学院、パソナテックが運営するクラウドソーシングサービス「Job-Hub(ジョブハブ)」、tvkコミュニケーションズが共催するアプリコンテスト。

地域課題を解決する多くのアプリケーションを募集。今年は、横浜市が積極的に推進する「オープンデータ」を活用したサービス・アプリケーションも募集対象になっている。

「アプリ開発部門」では、アプリのアイデアとともに、具体的にアプリを開発、構築する。応募期間は2015年1月31日まで。

先に応募を開始した「アイデア部門」では、31日まで募集を行う。

概要

開催期間:アイデア部門 2014年8月20日~10月31日/アプリ開発部門 2014年10月1日~1月31日
募集内容:「横浜」をテーマとしたアプリの企画、企画開発
応募資格:プロ・アマ、個人・法人の別を問わず。グループの参加も可

関連URL

YOKOHAMA Ups!

Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 10件以上の塾の新規開校事例はこちら すらら
  • 新学習指導要領対応!チエル クラウド型デジタル教材 基礎・基本 国語検定
  • よく届く ラッカスの無線LAN 離れた小中学校21校をひとつに繋ぐ 伊那市の導入事例掲載中
  • eラーニングの録画・配信 Matrox Monarch LCS
  • 進研模試に連動したアダプティブラーニング 合格への戦略 高1〜高3 お申込み受付中!
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録