1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 工学院大学/フロアサイネージとタブレット端末を活用した防災訓練

2014年11月21日

工学院大学/フロアサイネージとタブレット端末を活用した防災訓練

工学院大学は、フロアサイネージとタブレット端末を活用した防災システム「防災キオスク」の活用実験をかねた防災訓練を27日に行う。

フロアサイネージ型を利用した訓練イメージ

当日は、震度6強の首都直下型地震を想定し、新宿キャンパス、附属中学高校含む八王子キャンパスの学園全体で同時に、火災・ケガ人などの発生を取り入れた発災対応型の訓練を行う。同時に、工学院大学の中島裕輔准教授が開発した「防災キオスク」の活用実験を実施する。

「防災キオスク」では、フロアサイネージとタブレットを使い、災害時に必要な情報や各フロアの被災状況、負傷者のヘルプ発信、応急手当の方法の共有を、行き来が困難になった建物内で双方向に行える。

停電時でも学内ネットワークを使用し、災害本部・保健室とタブレットをつなぐことができるため、情報の共有により、人手が必要なポイントに適切な助けを届けることも可能。

活用実験では、「防災キオスク」の高層ビル向けバージョンを使用。フロアに機器を2台セットで設置し、緊急地震速報・待機指示・避難指示、避難経路と避難場所を表示。また、負傷者情報や二次災害、建物の損傷度合いなど現場からの情報を発信し、双方向の情報共有による素早い対応を期待している。

工学院大学は、今回の活用実験での結果を踏まえ、各フロアへの設置をしていくという。

関連URL

工学院大学

iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
Classi 入試改革・新課程を見据えた 学校とICTのあり方を考える会 9.14 土 全国16拠点で同時開催! 詳細はこちら
NICA 全国ICTクラブ協会 無料セミナー Society5.0時代を生き抜く子どもを育てるための ママパパICT&プログラミング講座

アーカイブ

  • みらいスクールステーション 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • すらら×オーダーメイドの学び
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス