1. トップ
  2. 学校・団体
  3. 工学院大学、視線の動きと体の動きを解析しスポーツの習得に活用する技術を研究

2021年10月11日

工学院大学、視線の動きと体の動きを解析しスポーツの習得に活用する技術を研究

工学院大学の齊藤 亜由子助教(先進工学部機械理工学科)は7日、視線の動きと運動の連動を解明し、スポーツの指導法・習得に活用できる技術の研究を進めていると発表した。

指導者と選手が計測結果を容易に理解できるアプリケーション等に組み込み、社会実装する計画。将来的には、スポーツだけでなく、リハビリテーションにも応用できる研究だという。

研究概要

タイトル:「視線・動作計測を併用したスポーツスキル向上のためのコツ獲得」
同研究は、科研費(若手研究、18K17844)の助成を受けた研究を深化させたもの。
研究者名:齊藤 亜由子氏(工学院大学先進工学部機械理工学科、助教)
研究概要:視線と動作の協調関係を示す技術。早く上達することができるスポーツの練習法・指導法を構築する。
例えば、スノーボーダーがターンの状況をどのように捉え、運動にフィードバックしているかを定量的に示すため、スノーボーダーの視線、頭部姿勢、雪面反力を解析。これにより、上達するために必要な視線の動かし方に加え、視線と一緒に動かすべき身体部位とその動かし方を提示することができる。スポーツ指導の現場において、動作の特徴だけを言葉で伝えてもすぐに実行することは難しいが、同技術の活用により、「上級者の視線移動を模倣することで上達するためのきっかけをつかむ」ことが期待できる。
活用例:
・スポーツ動作の効率的な練習法・指導法構築への利用
・スポーツ動作のスキル評価
・スポーツにおける怪我の予防(怪我を予防するための視線行動の分析)
発表等:イノベーション・ジャパン2021-大学見本市Online-に採択・出展。研究者プレゼンで講演。

関連URL

工学院大学

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
先生方の負担にならない 校務用PCの二要素認証ログイン 指タッチだけで簡単ログイン リモートアクセスも簡単にできる! 詳しくはこちら YubiPlus
Classi 文科省指定校神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
NEWSサイト作成・運営 オウンドメディアに最適 wanitel

アーカイブ

  • 資料請求 無料体験 朝日小学生新聞 朝日中高生新聞 デジタル for School
  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • GIGAスクール構想 機器のお悩みはこちら 24時間365日受付
  • Biz安否確認/一斉通報 アカデミックプラン 22円/IDからの料金体系
  • 保護者や生徒との連絡手段でお困りではありませんか? 無料お試しキャンページ実施中! NTTレゾナント
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 訴求力をUPさせるワンランク上の提案書 無料セミナー実施中! Out-Sourcing! Technology
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス