1. トップ
  2. ツール・教材
  3. DMM.com/iKnowに進捗状況や記憶強度などを視覚化する機能

2015年10月7日

DMM.com/iKnowに進捗状況や記憶強度などを視覚化する機能

英語学習サービス iKnow!を提供するDMM.comは6日、学習の進捗状況と記憶の程度を表すMemory Bank (メモリーバンク)を改善し、リリースしたと発表した。

Memory Bank  利用イメージ

Memory Bank  利用イメージ

ユーザー一人ひとりの学習の進捗状況や記憶強度などを、単語やフレーズ単位でグラフに配置し、視覚化する機能。これによって、学習中のアイテムをどれくらい記憶できているのか、学習完了までのプロセスが一覧でき、視覚的に把握ができるようになる。

グラフの動きは、脳科学に基づいて独自に開発した学習エンジンが、人間の記憶強度を計算して導き出しており、記憶強度が高いアイテム(上記画像の定着中エリアにあるもの)については、しばらくの間出題されないようになっている。

また、一回で集中的に学習したコースについては短期的な記憶とみなされ、これ以上続けて学習しても、プログレスの伸びが鈍くなるなど、緻密な計算がされているという。

英語学習サービス iKnow!は、英単語やフレーズの学習だけではなく、ボキャブラリーの使い方も身につけることができるサービス。

関連URL

iKnow! 公式サイト

問い合わせ先

iKnow!

iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
主体的に学ぶ力をのばす Classiポートフォリオ 2つの新機能登場! 1:アルバム機能、2:学びの振り返り機能
ICTクラブ大泉学園 無料プログラミング体験会 やってみなくちゃ分からない ゲームをプログラミングしよう!
出展情報・商談予約 6月19日~21日開催 EDIX2019 出展者特集

アーカイブ

  • みらいスクールステーション FUJISOFT 大型提示装置の活用がぐんと広がる! 教育ICT専用端末メディアボックス
  • すらら×アクティブラーニング実践事例
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス