1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. 子ども向けスクラッチJrの入門書「わくわくスタートアップ」発売

2016年5月19日

子ども向けスクラッチJrの入門書「わくわくスタートアップ」発売

Laki Laki Kids Programmingは18日、スクラッチJrの入門書「ScratchJrではじめよう!プログラミングアドベンチャー わくわくスタートアップ」(Kindle版)の販売を開始した。

ScratchJrはMITメディアラボが開発した低年齢(5~7歳)の子ども向けプログラミングアプリ。iPad、Androidのタブレットで利用でき、おもちゃのようなプログラミングブロックを指でつなげるなどのシンプルな操作で、小さな子どもでも簡単にゲームやアニメーションをつくることができる。

本書では、スクラッチJr(ネコ)と一緒に冒険をしながら、親子でプログラミングを楽しく学ぶことができる。また、ScratchJrを初めて使う親子向けに必要な情報や、ブロックなどの機能一覧も掲載している。

発行者の「Laki Laki Kids Programming」は、2015年からScratchJrのワークショップを開催、ホームページなどで同アプリの情報提供を行っている。

世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイスを管理 Appleデバイスの管理をもっと簡単に! jamf
Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
NICA 全国ICTクラブ協会 無料セミナー Society5.0時代を生き抜く子どもを育てるための ママパパICT&プログラミング講座

アーカイブ

  • みらいスクールステーション 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • すらら×オーダーメイドの学び
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス