1. トップ
  2. イベント・セミナー
  3. シンポジウム「日本のオンライン教育の現状と未来」が6月奈良で開催

2016年5月20日

シンポジウム「日本のオンライン教育の現状と未来」が6月奈良で開催

CCC-TIESは、シンポジウム「日本のオンライン教育の現状と未来」を、6月25日に奈良県奈良市の帝塚山大学で開催する。

「日本のオンライン教育の現状と未来」では、国内の大学や企業での取り組み、途上国への展開などを、CCC-TIESが開発したオンライン学習プラットフォーム「CHiLOR(チロ)」の導入事例を通じて紹介。

さらに、大学、企業、そして社会が求めるオンライン教育の在り方とはどのようなものなのかを議論する。

シンポジウム後には、情報交換会も開催。

なお、当日の模様は、Ustreamでライブ配信する。

概要

日  時:2016年 6月25日(土)13:30~18:00 ※受付・開場 13:00~
会  場:帝塚山大学 奈良・学園前キャンパス[奈良市学園南3-1-3]
参加費 :CCC-TIES会員 無料/非会員 1000円 ※情報交換会への参加には別途4000円が必要
詳細・申込

世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイスを管理 Appleデバイスの管理をもっと簡単に! jamf
Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
ICTクラブ大泉学園 無料プログラミング体験会 やってみなくちゃ分からない ゲームをプログラミングしよう!

アーカイブ

  • みらいスクールステーション 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • 文武両道を実現! すらら×東海大学菅生高等学校
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス