1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. リンゲージ、高校英語の正課授業へオンライン英会話を提供

2016年9月21日

リンゲージ、高校英語の正課授業へオンライン英会話を提供

全研本社は20日、自社運営の法人向け語学研修を提供するリンゲージが、文部科学省の推奨するICT教育の一環として、東海大学菅生高等学校の正課授業としてオンライン英会話のサービスを提供すると発表した。

21-lin大学の入学者選抜で外部試験の活用が行われようとする動きのなかで、「聞く」「話す」を強化する手段として、外国人講師との英会話レッスンを通して異文化コミュニケーションの力を身につけることが重要になってきている。さらに、大人数の授業では実現しにくかった、生徒全員に同じ成果を追及するためもあり、オンライン英会話の正課授業としての提供となったもの。国内では初の導入になるという。

リンゲージでは外部試験に活かせる高校生向けカリキュラムを独自に開発。またレッスン時間は、高校英語の正課授業50分のうち、教員による事前授業を25分、オンライン英会話レッスンを25分設けており、事前授業では英語教員への新しい指導法のノウハウを提供している。さらに、レッスン提供環境はセキュリティを考慮し、オンライン英会話サービス会社採用のSkypeは使わず、教育機関にふさわしいWEBシステムを使用。

外国人講師は、第二公用語として英語習得の難しさを理解するフィリピン人。アメリカ英語に近く、なまりの少ない聞き取りやすい発音の人材のみを選考。さらに研修を行い、よりレベルの高いレッスン提供を目指しているという。

関連URL

中学・高等学校グローバル化推進プロジェクト

iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
KDDIまとめてオフィス 教育現場のタブレット 導入実績多数!まとめてサポート
教育改革を見据え ICT×紙で行う新しい授業実践 授業への参加意欲があがった Classi NOTE
21世紀を生き抜く力を育む 幼児からシニアまで楽しくICT+プログラミングを学べる ICTクラブ大泉学園 無料体験会開催中
EDIX2019出展者特集 掲載記事募集中

アーカイブ

  • みらいスクールステーション FUJISOFT 大型提示装置の活用がぐんと広がる! 教育ICT専用端末メディアボックス
  • すらら×アクティブラーニング実践事例
  • 4月3日(水)最新号発行!無料でお届け。 チエルマガジンお申し込み CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス