1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. エボラブルアジア、ドーナツ・ロボティクス社へ資本参加

2017年5月19日

エボラブルアジア、ドーナツ・ロボティクス社へ資本参加

エボラブルアジアは18日、ホームロボット開発のドーナツ・ロボティクスの第三者割当増資を引き受け、資本参加したことを明らかにした。

d6523-175-939193-0エボラブルアジアは「One Asia」のビジョンをかかげ、アジアを舞台に、オンライン旅行事業、訪日旅行事業、ITオフショア開発事業と投資事業を手がけている。一方、ドーナツ・ロボティクスは、「いくつかの社会問題を解決する」「新たなプラットフォームを創出する」をテーマに、小型ロボットを開発するベンチャー企業。ロボットと関連機器の設計、製造、販売、修理や、主に家庭用ロボットに関する開発、製造、販売を行っている。ドーナツ・ロボティクスは、医療補助ツールを目指したホームロボット「シナモン」を開発し、その販売を予定している。

今回の提携により、エブラブルアジアはロボットソフトウェア (家電コントロールや服薬管理などの機能) について、同社のベトナムでのオフショア開発リソースの活用により、ドーナツ・ロボティクスへ事業拡大の支援をしていくことを検討している。また、民泊をはじめとする訪日旅行事業との連携、家庭用ロボット内にオリジナルAIを組み込むことによる同社旅行サイトへの顧客の誘導などを考えている。

関連URL

ドーナツ・ロボティクス

エブラブルアジア

世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイスを管理 Appleデバイスの管理をもっと簡単に! jamf
KDDIまとめてオフィス 教育現場のタブレット 導入実績多数!まとめてサポート
主体的に学ぶ力をのばす Classiポートフォリオ 2つの新機能登場! 1:アルバム機能、2:学びの振り返り機能
21世紀を生き抜く力を育む 幼児からシニアまで楽しくICT+プログラミングを学べる ICTクラブ大泉学園 無料体験会開催中
EDIX2019出展者特集 掲載記事募集中

アーカイブ

  • みらいスクールステーション FUJISOFT 大型提示装置の活用がぐんと広がる! 教育ICT専用端末メディアボックス
  • すらら×学びのカスタマイズ
  • 4月3日(水)最新号発行!無料でお届け。 チエルマガジンお申し込み CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス