1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 「ABEJA Platform Open」を2017年冬から提供、パートナーを募集

2016年11月24日

「ABEJA Platform Open」を2017年冬から提供、パートナーを募集

ABEJA (アベジャ) は22日、新サービスとして「ABEJA Platform Open」の提供を2017年冬から開始すると発表した。それに先駆け、今年12月から「ABEJA Platform Open α」、来年夏から「ABEJA Platform Open β」を順次提供していく。

また、「ABEJA Platform Open α」のパートナーの一般公募を11月22日から来年夏までする。

【 ABEJA Platform Open概要図 】

【 ABEJA Platform Open概要図 】

同社はこれまで、ディープラーニングを活用して様々な大量データの取得・蓄積・学習・解析・出力・フィードバックを行うPaaS (Platform as a Service) 技術「ABEJA Platform」の研究開発を行ってきたが、新サービスの「ABEJA Platform Open」は、今まで顧客へのソリューション提供基盤としてABEJA社内で活用していた「ABEJA Platform」をオープン化し、一定の認定要件を満たす企業パートナーに利活用してもらうことを目的としている。

「ABEJA Platform Open」をハブとして、IoTやビッグデータのプレーヤーであるパートナー企業と、IoT、ビッグデータ、AIの活用を希望する企業をつなぎ、大量データの循環を加速させ、イノベーションの創出に必要なエコシステムの形成を目指すという。

エコシステムの形成に必要なパートナーとして、①IoTデバイスパートナー、②IoTネットワークパートナー、③システムインテグレーションパートナー、④コンサルティングパートナー、⑤APIエコノミーパートナーの5つの領域で、技術力やノウハウを持つ企業を募集している。

参画するパートナー企業は、ビッグデータの蓄積とディープラーニングを含むAIを実行する基盤「ABEJA Platform Open」を利活用することができるほか、自社のクライアントに対して、「ABEJA Platform Open」を活用したソリューションを提供も可能になるという。

「ABEJA Platform Open α」の提供は機能を限定して無料、「ABEJA Platform Open β」以降は有料で提供を開始する。

関連URL

「ABEJA Platform Open α」申込

ABEJA

世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイスを管理 Appleデバイスの管理をもっと簡単に! jamf
KDDIまとめてオフィス 教育現場のタブレット 選定 調達 導入 運用 まとめてサポート
主体的に学ぶ力をのばす Classiポートフォリオ 2つの新機能登場! 1:アルバム機能、2:学びの振り返り機能
21世紀を生き抜く力を育む 幼児からシニアまで楽しくICT+プログラミングを学べる ICTクラブ大泉学園 無料体験会開催中
EDIX2019出展者特集 掲載記事募集中

アーカイブ

  • みらいスクールステーション FUJISOFT 大型提示装置の活用がぐんと広がる! 教育ICT専用端末メディアボックス
  • すらら×オーダーメイドの学び
  • 4月3日(水)最新号発行!無料でお届け。 チエルマガジンお申し込み CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス