1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 英検の新試験に対応したコースをオンライン英会話で提供

2017年6月12日

英検の新試験に対応したコースをオンライン英会話で提供

ベストティーチャーは9日、運営するオンライン英会話スクール「ベストティーチャー」で、2017年度の第1回検定から導入される英検準2級と3級の新試験に対応する、「英検準2級対策コース」「英検3級対策コース」の提供を開始したと発表した。

近年、英語教育では聞く、話す、読む、書くという4技能の育成に注目が集まっている。2020年度から、センター試験に替わって実施される大学入学希望者学力評価テストでも、英語4技能を取り上げることが検討されている。

英検は、CSEスコアの導入により、国際標準のCEFR(セファール)で英語4技能が測定できることから、英検準2級は高校入試でみなし満点とする学校や、3級も高校の単位認定や入試の判定優遇に活用されるケースがある。

今回、「ベストティーチャー」で提供を開始した「英検準2級対策コース」は、旺文社が刊行した『英検準2級予想問題ドリル 新試験対応版』と、『10日でできる!英検準2級 二次試験・面接 完全予想問題』をもとに、WritingレッスンとSpeakingレッスンを提供。

「英検3級対策コース」では、同じく旺文社の『英検3級予想問題ドリル 新試験対応版』『7日でできる!英検3級二次試験・面接 完全予想問題』をもとにした、WritingレッスンとSpeakingレッスンを提供する。

どちらも24時間利用することができ、月額1万5120円(税込)となっている。

関連URL

ベストティーチャー

世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイスを管理 Appleデバイスの管理をもっと簡単に! jamf
教育改革を見据え ICT×紙で行う新しい授業実践 授業への参加意欲があがった Classi NOTE
子ども向けプログラミング学習サービス ライセンス販売 出張講座・共催 ユーバー株式会社
EDIX2019出展者特集 掲載記事募集中

アーカイブ

  • みらいスクールステーション FUJISOFT 大型提示装置の活用がぐんと広がる! 教育ICT専用端末メディアボックス
  • すらら×アクティブラーニング実践事例
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス