1. トップ
  2. 学校・団体
  3. 無償公開中の学習用教材「Linux標準教科書」がバージョンアップ

2018年3月28日

無償公開中の学習用教材「Linux標準教科書」がバージョンアップ

LPI-Japan(エルピーアイジャパン)は27日、2008年から無償公開しているLinux学習用教材「Linux標準教科書」のバージョン3.0.0をリリースしたと発表した。

0328-ln「Linux標準教科書」は、Linuxを初めて勉強する人、およびそれを指導する教員、講師を対象に、Linuxの基礎が学べるLinux導入のテキストとして開発された。

これまでに約20万件のダウンロードがあり、教育機関はもとより多くの企業で社員研修のテキストとして利用されている。

今回のバージョンアップでは、基準となるOSをCentOSの最新安定版のCentOS 7へ変更したほか、利用者から要望が多かったプロセス管理に関する項目を追加した。

また、CentOS 6からCentOS 7への過渡期であることを鑑みたOSのバージョン別コマンド比較表なども掲載。Linux初心者だけでなく、すでにITの現場で活躍している技術者にとっても有益なテキスト。

テキストは、Linuxのインストール、正規表現とパイプ、基本的なコマンド、管理者の仕事、ユーザ権限とアクセス権、シェルスクリプト、ネットワークの設定と管理、プロセス管理など第12章で構成されている。

関連URL

「Linux標準教科書」バージョン3.0.0

iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
子ども向けプログラミング学習サービス ライセンス販売 出張講座・共催 ユーバー株式会社

アーカイブ

  • みらいスクールステーション 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • 文武両道を実現! すらら×東海大学菅生高等学校
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス