1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. 「プログラミングキッズ」幼児向け教室全国100カ所開講を目指す

2019年2月6日

「プログラミングキッズ」幼児向け教室全国100カ所開講を目指す

ナンバーワンソリューションズは5日、2020年に幼児向けのプログラミング教室100カ所の開講を目指すと発表した。

0206-n1同社は、小学1年生から高校3年生を対象にプログラミング教室「プログラミングキッズ」を、加盟校を含めて全国13教室で展開している。昨年から幼児向けのプログラミング教育コンテンツを開発し、幼稚園や保育園、認定こども園への提供を始めた。今年4月からは、神奈川・大阪・和歌山・北海道などの8園で小学1年生、3園で年長園児を対象に授業開始を予定している。

「プログラミングキッズ」では、今回の幼児向け教室も加え、中学生や高校生まで、年齢や各自の理解度に適した教育を提供している。幼児や小学生は一斉授業形式で、中学生や高校生には理解度や習熟度に合わせて個別型形式で授業を進め、体系的にプログラミング技能とプログラミング的思考を習得することを目指している。

幼児向けプログラミング教室では、プログラミングそのものを学ぶのではなく、プログラミング的な考え方や発想に重点を置いており、タブレットを使って楽しみながら学べる内容が中心なので幼児でも学ぶことができるという。小学1年生からはプログラミングを学び、レゴ マインドゲームEV3というロボットを自在に動かす体験もする。

今年から幼稚園や保育園、認定こども園への提供を加速する。提供するプログラムは基本的に月2回、小学生2時間、園児40分の授業で全24回を行う。小学生は月謝1万円 (税別) に加えて教材費がかかる。園児には授業の一環として提供してもらうとしている。

関連URL

ナンバーワンソリューションズ

AI x アダプティブラーニング 低負荷で個別最適の学びを実現 すらら 活用事例はこちら
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
Microsoft Officeの小学生向け学習支援ソフト こどもOffice(R) ぼくたちは、世界標準で学ぶ GIGAスクール構想にも最適です!
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 子供と向き合う時間を創出する 学校の新ワークスタイルをご提案! ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス