1. トップ
  2. イベント・セミナー
  3. 一番ハードルが低いロボットコンテスト「ヘボコン」、豊田市で16・17日開催

2019年3月12日

一番ハードルが低いロボットコンテスト「ヘボコン」、豊田市で16・17日開催

技術力の低い人のためのロボット相撲大会「ヘボコン」が、愛知・豊田市で16・17の2日間「とよたヘボコン」と銘打って開催される。

0312-ty
ヘボコンは2014年に、ヘボコンマスターの石川大樹氏が企画し、同年7月19日に東京で第1回目を開催。その年の文化庁メディア芸術祭の審査員推薦作品に選ばれたのをきっかけに、各国のメディアに取り上げられ、今では世界25カ国以上で実施。2016年には初のワールドチャンピオンシップが開催された。

ヘボコンの「ヘボ」は、日本語の「ヘボい」からきており、まともに動かない、できの悪いロボットばかりが集まり、おぼつかない足取りでなんとか戦う。世界で唯一の、ロボットを作る技術を持たない人が表彰されるロボットコンテストだ。

豊田市は、スマートシティの実現に向けてSENTANやエコフルタウンなど先端技術の活用と展示の場を整備し、企業や大学と連携した様々な先端技術の活用に取り組んでいる都市。

そんな先端技術によるものづくりのまち豊田市で、みんなが作ったロボット同士で相撲を取るという取り組みが行われる。

16日と17日のヘボコン開始時刻(15時)までは、会場の工房をオープンスペース兼パーツショップとして開放し、ワークショップを行う。

開催概要

開催日時:
・3月16日(土)12:00~17:00(ロボット作りスペースとして開放)
・3月17日(日)10:00~17:00(10時~14時まではロボット作りスペースとして開放)、
大会は15時から開始
開催会場:ものづくり創造拠点 SENTAN(センタン)[豊田市挙母町2-1]
入場料:無料

詳細・申込

関連URL

ヘボコン公式ルール

AI x アダプティブラーニング 低負荷で個別最適の学びを実現 すらら 活用事例はこちら
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
Microsoft Officeの小学生向け学習支援ソフト こどもOffice(R) ぼくたちは、世界標準で学ぶ GIGAスクール構想にも最適です!
NICA 全国ICTクラブ協会 Webニュースライター講座 ≪オンライン開催≫ あなたもプロになれる!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 子供と向き合う時間を創出する 学校の新ワークスタイルをご提案! ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス