1. トップ
  2. イベント・セミナー
  3. 一番ハードルが低いロボットコンテスト「ヘボコン」、豊田市で16・17日開催

2019年3月12日

一番ハードルが低いロボットコンテスト「ヘボコン」、豊田市で16・17日開催

技術力の低い人のためのロボット相撲大会「ヘボコン」が、愛知・豊田市で16・17の2日間「とよたヘボコン」と銘打って開催される。

0312-ty
ヘボコンは2014年に、ヘボコンマスターの石川大樹氏が企画し、同年7月19日に東京で第1回目を開催。その年の文化庁メディア芸術祭の審査員推薦作品に選ばれたのをきっかけに、各国のメディアに取り上げられ、今では世界25カ国以上で実施。2016年には初のワールドチャンピオンシップが開催された。

ヘボコンの「ヘボ」は、日本語の「ヘボい」からきており、まともに動かない、できの悪いロボットばかりが集まり、おぼつかない足取りでなんとか戦う。世界で唯一の、ロボットを作る技術を持たない人が表彰されるロボットコンテストだ。

豊田市は、スマートシティの実現に向けてSENTANやエコフルタウンなど先端技術の活用と展示の場を整備し、企業や大学と連携した様々な先端技術の活用に取り組んでいる都市。

そんな先端技術によるものづくりのまち豊田市で、みんなが作ったロボット同士で相撲を取るという取り組みが行われる。

16日と17日のヘボコン開始時刻(15時)までは、会場の工房をオープンスペース兼パーツショップとして開放し、ワークショップを行う。

開催概要

開催日時:
・3月16日(土)12:00~17:00(ロボット作りスペースとして開放)
・3月17日(日)10:00~17:00(10時~14時まではロボット作りスペースとして開放)、
大会は15時から開始
開催会場:ものづくり創造拠点 SENTAN(センタン)[豊田市挙母町2-1]
入場料:無料

詳細・申込

関連URL

ヘボコン公式ルール

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
リモートワークで使うパソコンのセキュリティ対策は? できてない! バッチリです Yubi Plus
Classi 導入事例 客観的データに基づく学習指導 佐賀県立致遠館中学校・高等学校
jamf jamfは100を超える自治体で採用! Appleデバイス管理なら CLICK
NEWSサイト作成・運営 オウンドメディアに最適 wanitel

アーカイブ

  • 資料請求 無料体験 朝日小学生新聞 朝日中高生新聞 デジタル for School
  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)活用パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • クラウド授業支援 ビデオ会議機能を搭載! TeacherView
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 訴求力をUPさせるワンランク上の提案書 無料セミナー実施中! Out-Sourcing! Technology
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス